このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

3 食品産業の持続的な発展と新たな展開


食品産業全体の将来展望や課題について官民で認識を共有したうえで、それぞれの役割分担を踏まえた対応方向を明らかにする「食品産業の将来方向(仮称)」を策定するとともに、以下の取組を推進します。

(1)フードチェーンにおける連携した取組の推進

ア 食品流通の効率化・高度化

(ア)食品流通の効率化

食品産業の強化と農林水産業の振興を図るため、フードチェーンの各段階における関係者が連携して行う輸送行程の効率化等に関する取組の調査を実施します。

(イ)卸売市場の機能・連携強化等

安全で効率的な卸売市場システムを確立するため、コールドチェーン体制づくりの支援等を通じた品質管理の高度化、卸売市場の再編を推進します。

(ウ)食品小売業の活性化

食品販売機能の強化や販売商品の付加価値創出にかかる事例の調査や、その結果の取りまとめを通じて、食料品小売店の機能を維持・強化する方策の検討を支援します。

イ フードチェーンにおける取引情報の標準化の推進

食品産業の持続的な発展を図るため、フードチェーンにおいて関係者間で伝達が必要な事項の共通化の取組を推進します。

ウ 高齢化の進展等に対応した食料提供

民間事業者等による多様な配達サービスの健全な発展等を通じ、消費者への食料品の円滑な提供を図る観点から、必要な調査研究を実施します。

(2)国内市場の活性化

ア 農商工連携や地域食品のブランド化等の推進

(ア)
農商工等連携の一層の推進のため、専門的なアドバイスを行うコーディネーター活動や様々な異業種とも連携した新商品開発や輸出促進も含めた販路拡大、人材育成、これらの本格的な事業化を促進するため、農林漁業者と食品産業事業者が安定的な取引関係を確立して行う食品の加工・販売施設や農林漁業用機械施設の整備等を支援します。
また、交流会の開催や情報発信等を通じて外食・中食産業と農業の連携を促進します。
(イ)
加工・外食用需要に対応した産地サイドの取組を推進します。
(ウ)
地域の農水産物を利用した機能性食品の開発を推進します。また、地域食品にかかる機能性評価手法に関する研修や普及を行うとともに、地域食品の開発に必要な技術的情報を収集・提供する取組を推進します。
(エ)
食品産業の競争力の強化のため、競争的資金を活用して技術開発を促進するとともに、異業種・異分野間を含めた産学官の連携形成等の取組を支援します。
(オ)
地域食品のブランド化を推進するため、ブランド化に取り組む事業者等を対象とした研修会の開催、ブランドアドバイザーの派遣等の取組を推進します。

イ 食品産業における環境負荷の低減及び資源の有効利用

(ア)食品廃棄物の削減及び有効利用促進対策

食品リサイクル・ループ等の地域資源循環システムの構築、技術の改良による食品廃棄物の新規用途開発に向けた事業化の支援等食品廃棄物の削減及び有効利用のための取組を促進します。

(イ)容器包装リサイクル促進対策

「容器包装に係る分別収集及び再商品化の促進等に関する法律」に基づく義務履行の促進、容器包装廃棄物の排出抑制のための取組の促進等を実施します。

(ウ)CO2排出削減対策

食品産業におけるCO2排出削減の取組を推進するため、研修会の開催、業種特性に応じた排出抑制手法の提示、優良な取組の普及、自主行動計画の進捗状況の点検等を実施します。

ウ 食品関係事業者のコンプライアンスの確立のための取組

食品関係事業者の自主的な企業行動規範等の策定を促すなど食品関係事業者のコンプライアンス(法令の遵守及び倫理の保持等)確立のための各種取組を促進します。

(3)海外展開による事業基盤の強化

アジア等における日本の食文化の発信の強化と連携した形で食品製造業・流通業の現地生産・販売の取組等を促進するため、現地生産・販売に必要な情報の収集・提供、現地での連絡協議会の開催、技術的課題の解決等を支援します。

お問合せ先

大臣官房広報評価課情報分析室
代表:03-3502-8111(内線3260)
ダイヤルイン:03-3501-3883
FAX:03-3593-9467