このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

2 国民視点に立った政策決定プロセスの実現

(1)国民の声の把握

透明性を高める観点から、国民のニーズに即した情報公開、情報の受発信を推進します。また、幅広い国民の参画を得て施策を推進するため、国民との意見交換等を実施します。

(2)科学的・客観的な分析

ア 施策の科学的・客観的な分析

施策の立案から決定に至るまでの検討過程において、できる限り客観的なデータに基づいた計量経済分析等の科学的な手法を幅広く導入したり、国民にわかりやすい指標を開発するなど、施策を科学的・客観的に分析し、その必要性や有効性を明らかにします。

イ 政策を支える統計調査の実施と利用の推進

戸別所得補償制度を基軸とした重要施策の推進に必要となる統計調査を確実に実施します。
(ア)
23年度からの戸別所得補償制度の本格実施に向けて、なたね、そば等の生産費や単収にかかる新たな統計データを把握できるよう、調査内容を拡充します。
(イ)
戸別所得補償制度を支える農業経営統計調査や作物統計調査の調査体系の見直しや、新たな調査手法の確立を図るため試行調査を実施します。
また、水稲作付面積を科学的かつ効率的に把握するため、衛星画像データを用いた手法の確立に取り組みます。
(ウ)
統計調査のアウトソーシングにおける調査の質を維持するため、統計調査員の資質向上を図るとともに、農林水産統計指導員の一層の活用を図ります。

(3)施策の進捗管理と政策評価の適切な活用

「農林水産省政策評価基本計画」及び「農林水産省政策評価実施計画」に即して、政策評価を推進するとともに、政策評価に関する情報の公開を進めます。

お問合せ先

大臣官房広報評価課情報分析室
代表:03-3502-8111(内線3260)
ダイヤルイン:03-3501-3883
FAX:03-3593-9467