このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

(2)集落機能の維持と多様な地域資源・環境の保全 ア 農業・農村のもつ多面的な機能

(農業・農村のもつ多面的機能の十分な発揮が必要)

食料・農業・農村基本法にあるように(*1)、農業は、食料を供給する役割だけでなく、その生産活動を通じ、国土の保全、水源のかん養、生物多様性の保全、良好な景観の形成、文化の継承等、様々な役割を有しており、その役割による効果は、地域住民をはじめ国民全体が享受しています。また、農業は、農山漁村地域のなかで林業や水産業と密接なかかわりがあり、農林水産業の重要な基盤である農地、森林、海域は、相互に密接にかかわりながら、水や大気、物質の循環に貢献しつつ、様々な多面的機能を発揮しています(図4-23)。

このようなことから、農業・農村がこれら多面的機能を十分発揮できるよう、その持続的な発展に努めていくことが必要です。


*1 食料・農業・農村基本法(抜粋)「第3条 国土の保全、水源のかん養、自然環境の保全、良好な景観の形成、文化の伝承等農村で農業生産活動が行われることにより生ずる食料その他の農産物の供給の機能以外の多面にわたる機能(以下「多面的機能」という。)については、国民生活及び国民経済の安定に果たす役割にかんがみ、将来にわたって、適切かつ十分に発揮されなければならない。」

図4-23 農業、森林、水産業の多面的機能

お問合せ先

大臣官房広報評価課情報分析室
代表:03-3502-8111(内線3260)
ダイヤルイン:03-3501-3883
FAX:03-3593-9467