このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

第3章 農村の活性化に向けた取組

第3章では、農業の持続的な発展の基盤であり、農業のもつ多面的機能発揮の場である農村地域の「人口や生活環境の現状」、「集落機能・地域資源の維持」、「都市農業」、「都市と農村の交流・人材の育成」、「食と地域の「絆」づくり」に焦点を当て、その動向や課題等について、主として次のような点を記述しています。

○ 農村地域では人口減少、高齢化の進行等により、生活環境に問題を抱え活気が失われているところも多いこと

○ 地域農業資源の維持管理、生活面での各種行事、防災、環境美化等を行う集落の機能が低下していること

○ 各地において、住民、地方公共団体等による地域活性化、集落機能・地域資源の維持に向けた取組がみられるが、一層の推進が必要となっていること

○ 中山間地域等直接支払、農地・水・環境保全向上対策、鳥獣被害対策等も重要であること

○ 都市農業は、新鮮で安全な農産物供給、交流・やすらぎ等の点から大きな役割を果たしており、その振興のため、市民農園、都市住民の農業体験等の一層の取組が必要であること

○ 都市と農村の交流について多くの国民がニーズを有しており、グリーン・ツーリズム、ワーキングホリデー、子ども農業体験等の取組等を進める必要があること

○ 「絆」を大切にした地域活性化の取組(「食と地域の「絆」づくり」)の推進が農業・農村の活性化に重要であること

目次



お問合せ先

大臣官房広報評価課情報分析室
代表:03-3502-8111(内線3260)
ダイヤルイン:03-3501-3883
FAX:03-6744-1526