このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

5 国際交渉への対応


(1)WTO交渉における取組

「多様な農業の共存」という基本理念の下、各国の農業が発展することができるような貿易ルールの確立に向けて交渉に取り組みます。

具体的には、12月の第9回WTO閣僚会議に向けて、我が国の食料輸入国としての立場を最大限に反映すべく、関係国等と連携を図りつつ、政府一体となって戦略的かつ前向きに対応します。


(2)EPA(経済連携協定)/FTA(自由貿易協定)への取組等

EPA/FTAについては、我が国として主要な貿易相手をはじめとする幅広い国々と戦略的かつ多角的に経済連携を進めます。

具体的には、アジア太平洋自由貿易圏(FTAAP)の実現に向け、日豪、日加、日中韓及び東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の交渉等を進めます。

TPP協定交渉については、交渉参加国との協議が終了したところ、今後、交渉参加国の国内手続きが完了し次第、我が国はTPP協定交渉に参加していきます。

また、日モンゴル、日コロンビア及び日EU交渉等を進めます。



 ご意見及びアンケートについて

農林水産省では、皆さまにとってより一層わかりやすい白書の作成を目指しています。

白書をお読みいただいた皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。

アンケートはこちら


お問合せ先

大臣官房広報評価課情報分析室
代表:03-3502-8111(内線3260)
ダイヤルイン:03-3501-3883
FAX:03-6744-1526