このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

2 競争力強化・国土強靱化に向けた農業生産基盤等の整備・保全


担い手への農地集積の加速化、農業の高付加価値化等のための水田の大区画化・汎用化・畑地かんがい等の整備や、老朽化した農業水利施設の長寿命化・耐震化対策を推進します。


(1)農業競争力強化に資する基盤整備

担い手への農地集積の加速化や農業の高付加価値化等を図るため、農業者の自力施工の活用も含めて、農地の大区画化・汎用化や畑地かんがい、用水路のパイプライン化等を実施します。


(2)農村地域の防災・減災対策

老朽化した農業水利施設の機能診断や補修・更新、集中豪雨による農村地域の湛水(たんすい)被害防止対策や地すべり対策等を実施します。
基幹的な農業水利施設やため池等の耐震診断やハザードマップの作成、耐震化工事等を実施します。
津波、高潮、波浪その他海水または地盤の変動による被害等から農地等を防護するため、海岸保全施設の整備等を実施します。

(3)地域の裁量を活かした制度の推進

地域の自主性と創意工夫による農山漁村地域のニーズに応じた農業農村、森林、水産分野の整備を支援します。


(4)農村環境の保全・形成に配慮した基盤整備の実施

生態系や景観等の農村環境の保全・形成に配慮した基盤整備を推進します。


(5)効率的・効果的な事業の実施

事業を効率的かつ効果的に進めるため、24年度に引き続きコストの縮減に資する取組を推進します。


(6)強い農業づくり交付金に基づく施設整備

国内農畜産物の安定供給のため、生産から流通までの強い農業づくりに必要な共同利用施設の整備等を、都道府県向け交付金として支援します。



 ご意見及びアンケートについて

農林水産省では、皆さまにとってより一層わかりやすい白書の作成を目指しています。

白書をお読みいただいた皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。

アンケートはこちら


お問合せ先

大臣官房広報評価課情報分析室
代表:03-3502-8111(内線3260)
ダイヤルイン:03-3501-3883
FAX:03-6744-1526