このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

2 地域資源を活用した再生可能エネルギーの導入拡大


(1)農村における再生可能エネルギーの生産・利用の推進

農山漁村に豊富に存在する土地、小水力等の資源を活用し、農山漁村の活性化を図るため、再生可能エネルギー発電事業による収入を地域の農林漁業の発展に活用する取組の構想・計画策定等の推進、小水力等発電施設の整備に係る概略設計、各種法令に基づく協議等を支援します。


(2)「地域資源」を活用した「産業」の創造

農林水産業及び農山漁村に由来する農林水産物、副産物等の地域資源を最大限活用するため、農林漁業者による6次産業化を促進するとともに、技術革新や農商工連携等を通じ、様々な資源活用の可能性を追求します。その際、潜在的な需要を開拓して新たな素材や新商品を開発するとともに、他産業における革新的な活用方法の創出と新たなビジネスモデルの創造を推進します。
農林水産業・農山漁村に豊富に存在する資源と様々な産業の先端技術等を結び付けた、新たな産業の創出に向け、市場調査に基づく新たな総合戦略を策定するとともに、農林漁業者や異業種・異業態の事業者間の連携により、市場ニーズに即した商品開発や新たなサービスを創造するための事業化可能性調査や新技術等の実証を支援します。
北海道の基幹産業である食関連産業の育成による食料供給力の一層の強化のため、北海道に豊富な賦存量を有する再生可能エネルギー等、北海道の資源・特性を活かした大規模植物工場を中心とする新たな食関連産業の育成について調査を実施します。


 ご意見及びアンケートについて

農林水産省では、皆さまにとってより一層わかりやすい白書の作成を目指しています。

白書をお読みいただいた皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。

アンケートはこちら


お問合せ先

大臣官房広報評価課情報分析室
代表:03-3502-8111(内線3260)
ダイヤルイン:03-3501-3883
FAX:03-6744-1526