このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

2 農地中間管理機構の創設と経営所得安定対策の見直しなどの4つの改革


我が国の農業・農村は、国民に食料を安定的に供給する役割に加えて、国土の保全、美しい景観の形成、伝統文化の継承等、国民の暮らしに重要な役割を担っています。

しかしながら、我が国の農業・農村を取り巻く状況は、基幹的農業従事者の高齢化や耕作放棄地(*1)の増加、農業所得の減少等が進行するなど厳しさを増しており、これらを克服し、未来への活力を取り戻すことは待ったなしの課題です。

このため、農業の構造改革を加速するとともに、輸出拡大や6次産業化2等農業を産業として強化し、農業・農村の所得の倍増を目指すことにより、若者たちが希望を持つことができる農業・農村を創り上げることが必要です。

このような状況を踏まえ、政府は、平成25(2013)年に我が国の農林水産業と地域の活力を創造する政策改革のグランドデザインとして「農林水産業・地域の活力創造プラン」を策定しました。

*1 [用語の解説]を参照。

目次



 ご意見・ご感想について

農林水産省では、皆さまにとってより一層わかりやすい白書の作成を目指しています。

白書をお読みいただいた皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。

送信フォームはこちら


お問合せ先

大臣官房広報評価課情報分析室
代表:03-3502-8111(内線3260)
ダイヤルイン:03-3501-3883
FAX:03-6744-1526