このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

(3)食料・農業・農村基本計画と併せて策定された展望等 ア 農地の見通しと確保


新たな基本計画と併せて、農地の見通しと確保、農業構造の展望、農業経営等の展望等が策定されており、それらの内容をここでは紹介します。


(平成37(2025)年に440万haの農地を確保する見通し)

平成37(2025)年における農地面積の見込みは、これまでのすう勢が今後も継続した場合、平成26(2014)年現在の農地面積452万haが、農地転用により11万ha、荒廃農地(*1)の発生により21万ha減少し、420万haとなると推計されます。これに、荒廃農地の発生抑制や再生等の施策効果を織り込んだ結果、平成37(2025)年時点で確保される農地面積は、440万haと見通されます。


*1 [用語の解説]を参照


ご意見・ご感想について

農林水産省では、皆さまにとってより一層わかりやすい白書の作成を目指しています。

白書をお読みいただいた皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。

送信フォームはこちら


お問合せ先

大臣官房広報評価課情報分析室
代表:03-3502-8111(内線3260)
ダイヤルイン:03-3501-3883
FAX:03-6744-1526