このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

(1)近年の農林水産関係の被害状況


平成30(2018)年は、全国で農林水産業に5,679億円の甚大な被害が発生し、東日本大震災(2兆3,841億円)のあった平成23(2011)年を除くと過去10年で最大となりました(図表 特1-1、図表 特1-2)。

近年、異常気象に伴う大規模な災害が多発し、農林水産関係の被害額は増加傾向となっています。

図表 特1-1 平成30(2018)年に発生した災害による農林水産関係被害額
図表 特1-2 過去10年の農林水産関係被害額

平成30(2018)年の台風の発生数は過去5年で最多の29個で、このうち、我が国に上陸したものは5個となり、平成28(2016)年に次ぐ上陸数となりました(図表 特1-3)。

また、これらの台風では、観測史上第1位の最大風速や過去の最高潮位を超える高潮を観測した地点もあり、平成30(2018)年の主な台風による農林水産関係被害額は1,059億円となりました。

図表 特1-3 過去5年における台風の発生数・上陸数と農林水産関係被害額


ご意見・ご感想について

農林水産省では、皆さまにとってより一層わかりやすい白書の作成を目指しています。

白書をお読みいただいた皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。

送信フォームはこちら

お問合せ先

大臣官房広報評価課情報分析室

代表:03-3502-8111(内線3260)
ダイヤルイン:03-3501-3883
FAX番号:03-6744-1526

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader