このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

特集2 現場への実装が進むスマート農業


我が国は人口減少社会を迎え、農業者の急激な減少による労働力不足が深刻化しています。また、国内の食市場の縮小が避けられない一方、グローバルな食市場は急速に拡大していくことが予想されており、世界全体の多様なニーズを視野に入れ、我が国の農業を活力ある産業へと成長させていくことが必要です。このような課題を解決するため、生産性の向上や規模拡大、作物の品質向上、新規就農者等への技術の継承、高度な農業経営を実現するスマート農業技術の実装が進められています。

スマート農業は、ロボット、AI(*1)、IoT(*2)、ドローン等の先端技術と、我が国で培われてきた農業技術を組み合わせた新たな農業です。例えば、ロボット技術を導入することにより農作業が自動化・省力化されます。また、各種センサーからのデータや過去の営農データをAIが分析することにより栽培管理が高度化・最適化されるほか、ICT等で熟練者の作業ノウハウがデータとして蓄積し形式知化され、多くの農業者がノウハウを円滑に習得できるようになります。

スマート農業技術は、中山間地域等の農業の活性化にも貢献します。例えば、傾斜地でも利用可能な草刈機、経営管理システム、ドローンによる防除・生育把握は、中山間地域における農作業の負担軽減や作業時間の削減にも有効です。水田作については、耕起・播種(はしゅ)から収穫までの生産や経営管理のための様々なスマート農業技術が開発され、その多くが実用化されています(図表 特2-1)。

図表 特2-1 スマート農業技術の例(水田作)

一方で、野菜・果樹等の分野では、依然として人手に頼らざるを得ない作業が多く残されているため、現場のニーズを踏まえながらこれらの分野でのスマート農業技術の開発を進めています。今後、集落や組織等の単位での農業機械の共同利用等のシェアリングやリース、作業の外部委託といったコスト低減の取組も組み合わせながら、規模の大小にかかわらず農業現場の実態に即してスマート農業技術の実装を進めていくことが必要です。

*1、2 用語の解説3(2)を参照

目次

(1)スマート農業の推進状況と活用可能性

ア 先端技術による作業の自動化、負担の軽減

イ 誰もが取り組みやすい農業の実現

ウ データやセンシング技術を駆使した生産性や品質の向上

エ スマート農業を支える農業データ連携基盤の構築

(2)スマート農業の普及の加速化に向けた取組



ご意見・ご感想について

農林水産省では、皆さまにとってより一層わかりやすい白書の作成を目指しています。

白書をお読みいただいた皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。

送信フォームはこちら

お問合せ先

大臣官房広報評価課情報分析室

代表:03-3502-8111(内線3260)
ダイヤルイン:03-3501-3883
FAX番号:03-6744-1526

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader