このページの本文へ移動

関東農政局

メニュー

2017年 フォトレポートギャラリー

「第46回東京都農業祭褒賞授与式」 日時:2017年12月15日 場所:東京都立川市

tokyo_2017_12.jpg

澤岡地方参事官が、JA東京第1ビルで開催された「第46回東京都農業祭褒賞授与式」に出席し、農林水産大臣賞、関東農政局長賞を受賞された方々に賞状を伝達しました。また、関東農政局長の祝辞を代読しました。

「果樹園後継者との意見交換」 日時:2017年11月28日 場所:東京都三鷹市

tokyo_2017_11.jpg

澤岡地方参事官が、平成21年に実家の果樹園に就農した島田穂隆氏と意見交換を行いました。同氏は現在栽培する園地を、親と分けてキウイフルーツ、ぶどうを生産しています。「安いものを大量に作るのでなく、質の良い物を適正価格で提供できるよう工夫している。東京ゴールド(キウイフルーツ)を世界に広めたい。」と輸出も視野に意欲的に取り組んでいます。

「(株)三鷹ファームとの意見交換」 日時:2017年11月28日 場所:東京都三鷹市

tokyo_2017_10.jpg

澤岡地方参事官が、三鷹市において、農地の保全を図りつつ、都市農業を永続的に発展させていくことを目的とした農業法人である「(株)三鷹ファーム」の代表取締役と意見交換を行いました。同ファームは、地主が生産緑地を解除した20aの農地の管理を請け負い、体験農園等として管理するほか、露地野菜等を生産して、収穫体験等の市民交流事業にも活用しています。

「東京家政大学との連携」 日時:2017年11月25日 場所:東京都瑞穂市

tokyo_2017_09.jpg

東京都拠点では、瑞穂町の協力を得て、東京家政大学との大学連携の取組を実施しました。「大学生の農業理解と持続可能な働き方としての農業という選択肢」をテーマとして、女性農業者等との意見交換や、野菜、茶、花きの生産現場視察を行いました。学生達からは農業就労の魅力や地域の資源を活用する町おこし等、活発な発表がありました。

「第46回東京都農業祭」 日時:2017年11月2日 場所:東京都渋谷区

tokyo_2017_08.jpg

瀬川関東農政局次長、澤岡地方参事官が、明治神宮で開催された第46回東京都農業祭開会式に来賓として出席し、農業祭の会場を視察しました。

「6次産業化認定証交付式」 日時:2017年8月24日 場所:東京都江東区

tokyo_2017_07.jpg

東京都拠点では、六次産業化・地産地消法に基づく総合化事業計画の認定証交付式を行い、「清水牧場で生産した生乳を使用したジェラート・ソフトクリームの製造販売事業」により認定された清水陸央氏(瑞穂町)に、認定証を手交(代理)しました。

「生活クラブ農園・あきる野」との意見交換 日時:2017年7月13日 場所:東京都あきる野市

tokyo_2017_06.jpg

澤岡地方参事官が、「生活クラブ生協・東京」が平成28年8月に、あきる野市内の遊休農地を借用して新規農業参入した「生活クラブ農園・あきる野」の農場において、農場責任者等と意見交換を行いました。同農園は、直営農場と農業体験農園を事業の柱として、市民参加で「都市農業を守り育てる」「農あるまちづくり」を目指しています。

「国内初のビール大麦「金子ゴールデン」の収穫」 日時:2017年5月31日 場所:東京都練馬区

tokyo_2017_05.jpg

23区で唯一栽培されているビール大麦「金子ゴールデン」の刈取りがありました。この大麦は、明治33年に現在の練馬区在住の金子丑五郎氏が六条大麦「四国」と米国産ビール大麦「ゴールデンメロン」から育成した国内初のビール大麦品種です。昭和25年頃には栽培されなくなりましたが、平成15年にJAと区内農家により復活の取り組みが始まりました。収穫後はビールに醸造され区内で販売されます。 

「(株)アーバンファーム八王子」 日時:2017年5月23日 場所:東京都八王子市

tokyo_2017_04.jpg

東京都拠点では、農業未経験者が早期退職して八王子市で新規就農(法人化)した(株)アーバンファーム八王子において、代表取締役等と意見交換を行い、農場を視察しました。就農にあたり農地40aを借り受け、多種の野菜を生産しています。今後は施設ハウスの設置等を含めた規模拡大とともに、市民とのつながり、顔の見える農業を目指しています。 

「茶摘み体験学習」日時:2017年5月10日 場所:東京都板橋区

tokyo_2017_03.jpg

5月10日、区立紅梅公園横の茶畑で区内小学校5校の4・5年生(約500人)による茶摘み体験学習が開催されました。あいにく小雨が降る中、同区役所赤塚支所職員の指導のもと、児童達は一所懸命に新茶葉の摘み取りをしました。100kg程度の新茶葉を摘み終え、6月中旬頃に「新茶(一番茶)」として各小学校へ届けられます。 

「山内ぶどう園との意見交換」 日時:2017年4月28日 場所:東京都調布市

tokyo_2017_02.jpg

東京都拠点では、山内ぶどう園において、農林水産省の「農業女子プロジェクト」にも登録している同園代表の山内美香さんと意見交換を行いました。同園は、ぶどうなどの果樹園や野菜畑、竹林もある都会のオアシス。旬の野菜の収穫体験からピザ作りなど、年間を通したイベントを企画し、市民に都市農業への理解を深めています。

「牛農家を学んで~バター作り~(企業との連携)」 日時:2017年3月1日 場所:東京都江東区

tokyo_2017_01.jpg

東京都拠点では、東雲合同庁舎において、近隣の小学生を対象として、大手乳業メーカーと連携し、乳牛についての学習とバター作り体験を行いました。また、ご同伴された保護者様には、牛トレーサビリティ制度の概要を紹介しました。

「新規就農者との意見交換」 日時:2017年2月9日 場所:東京都八丈町

tokyo_2017_00.jpg

澤岡地方参事官が、八丈町農業担い手育成研修センターを訪問し、切り葉(ルスカス)の施設栽培等を実習中の新規就農者と意見交換を行いました。