このページの本文へ移動

関東農政局

メニュー

大山千枚田(おおやませんまいだ)【千葉県】

地域の概要

 鴨川市西部に位置し、地すべり地帯である嶺岡山系のふところに抱いだ かれた、東京から一番近い棚田である。

 100m2に満たない水田が375枚きれいな孤をえがき、日本の里山の原風景を形成している。

 大山千枚田

 

棚田の歴史・特徴等

 起伏が多く、平坦な土地が少ない南房総の山間部では山の斜面を開墾し地形を巧みに利用した棚田が造成された。棚田の起源は不明であるが、この地域の石高の変化から江戸時代以前より耕作されていたらしい。

 平成9年大山千枚田保存会、平成11年日本の棚田百選、現在は棚田オーナー制度が導入され地域活性化の核として様々な活用がなされている。

 

活動内容等

 大山千枚田オーナー制度を鴨川市とNPO法人大山千枚田保存会が管理運営を行っている。

 近年これを発展させたトラスト制度を取り入れ大豆トラスト、棚田トラストを実施している。

 

アクセス

所在地

鴨川市平塚

交通案内

鉄道

JR外房線安房鴨川駅下車、タクシーで約30分

館山道君津ICで下り国道410号を経由し案内板を入り1.4km

ホームページアドレス

http://www.senmaida.com/ (大山千枚田保存会)

http://www.city.kamogawa.lg.jp/kanko/rekishi_bungaku_bunkazai/bunkazai/1412661068183.html
(鴨川市ホームページ)