このページの本文へ移動

関東農政局

メニュー

よこね田んぼ【長野県】

地域の概要

  約3haの田んぼが階段状になっている美しい棚田ですが、名前の由来は、地名が「よこね」であったからという説、田んぼの形が横に長く曲がりくねっているため「横畝(よこうね)田んぼ」と呼ばれていたという説などがありますが、はっきりした由来が不明であることから、平仮名の「よこね」に統一している。

 よこね田んぼ  よこね田んぼ

 

棚田の歴史・特徴等

  平成に入った頃から高齢化による耕作放棄が目立つようになり、全体の約4割が休耕田となっていたが、平成9年に「棚田を千代の財産として後世に受け継いでいこう」と自治会、環境保全推進協議会が立ち上がり、平成10年2月によこね田んぼ保全委員会を発足させ活動している。 

活動内容等

  よこね田んぼ保全委員会では、通常の維持管理を行うとともに、「よこね田んぼ守り隊」としてボランティアで保全活動に参加していただける個人や団体を募集し、一緒に畔づくり(畔塗り)~田植え~案山子づくり~稲刈り・収穫祭を行い、地域全体で棚田を守っている。 

アクセス

所在地

飯田市千代

交通案内

鉄道

JR飯田線「天竜峡駅」下車、車で20分

中央自動車道「飯田IC」から国道153号を経て、県道米川駄科停車場線を35分

ホームページアドレス

https://www.city.iida.lg.jp/site/yuiturn/yokoneo-na.html (飯田市ホームページ)

http://www.chiyo-x.jp/ivent.html(千代地区まちづくり委員会)