ホーム > 農村振興 > 国営事業所の取り組み > 土地改良技術事務所 > 現地での技術支援


ここから本文です。

現地での技術支援

事業現場が個別に抱える技術的課題について、専門技術指導官を主体に支援チームを編成し、現地での技術支援・指導を行っています。

また、都県や県土連、土地改良区等が開催する講習会への講師の派遣や、企画及び実施の支援、業務継続計画作成の支援なども行っています。

「技術支援・相談の窓口」にお問い合わせ下さい。

技術支援・相談の窓口

現地調査・検討の例

付着強度試験写真

付着強度試験

  • 関東管内の用水路で表面被覆工実施箇所の現地調査を行い、表面被覆材の剥離への対応策を提案。
  • 埼玉県内の揚水機場のポンプ設備とコンクリート水路の機能診断を行い、施設管理者に対策を提案。

 

 

 

 

 

 

 

現地講習会への講師派遣の例

圧縮強度試験写真

 

 

 

 

 

 

 

圧縮強度試験

  • 自然エネルギー導入状況及び長寿命化対策工法(茨城県内の土地改良区主催研修会)
  • 施工計画及び施工管理について(県土連主催研修会)
  • ポンプの機能保全及び対策工について(県土地改良事務所主催研修会)
  • ポンプ設備概論、点検整備補修の工事積算について(全土連主催研修会)
  • 県主催のストックマネジメントの研修会の開催支援

 

 

 

 

土地改良区の業務継続計画(BCP)作成支援

農業水利施設の維持管理のための業務継続計画(BCP) は大規模地震や台風、豪雨等の災害発生時を想定して、必要な業務を継続するために、事前の取組や被災後の優先業務などを定めておくもので、土地改良技術事務所が作成を支援しています。

BCP作成の説明資料及び様式については下記からご覧ください。

 

ページトップへ

お問い合わせ先

土地改良技術事務所
〒332-0026  埼玉県川口市南町2-5-3 
電話番号:048(254)0511  FAX番号:048(251)3236

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

関東農政局案内

リンク集