このページの本文へ移動

関東農政局

メニュー

さらに詳しく  大井川の川越しと宿場町

  古代から中世にかけて発展した東海道は、やがて国内で最も重要な幹線道路となっていきました。徳川家康は、豊臣政権下にあって関東地方を領土としているころ、すでに江戸・小田原間に宿を設定し、伝馬制度を整えています。大井川を挟んで両岸には、金谷宿(かなやじゅく)、島田宿(しまだじゅく)といった宿場が置かれました。

  幕府を開くと、家康は江戸の防衛を重視し、東海道筋を天領親藩大名譜代大名で固めます。さらに、遠江国(とおとうみのくに)と駿河国(するがのくに)の国境である大井川は、家康の隠居城・駿府城の外堀の役目を果たすため、橋はもとより船による渡しも禁止されることになりました。

  以後の大井川は、参勤交代の大名はもちろん、一般庶民に至るまで、馬や人足を利用して輿や肩車でしか渡れないことになります(川越し制度)。

「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」

  この馬子唄(まごうた)は当時の大井川を比喩したもので、大井川は東海道一の難所といわれるほどでした。当然、洪水時は何日も川を渡れなくなるため、川留めされた人々が客となる金谷宿、島田宿は大いに賑わったといいます。

川越しで大名などが利用した輿



事業所概要一覧


大井川用水農業水利事業所
国営大井川用水農業水利事業とは?事業に至る経緯
地域の自然
農と歴史

地域情報
jissijoukyoubanakidsbana 経営所得安定対策

denen-tusin
midorino

お問合せ先

 農村振興部水利整備課
ダイヤルイン:048-740-9836