このページの本文へ移動

関東農政局

メニュー

平成21年度関東農政局国営土地改良事業地区営農推進功労者の表彰

関東農政局管内における国営土地改良事業地区において、生産技術の向上と農業経営改善のための創意工夫を意欲的に行うことによって、他の模範となり、事業推進及び営農推進に著しく功績のあった方々を表彰する「関東農政局国営土地改良事業地区営農推進功労者表彰」の受賞者が決定し、関東農政局において、12月8日に表彰式を行いました。
受賞された方々及びその功績概要は次のとおりです。

 

県名

国営地区名(事業種)

受賞者名<敬称略>

埼玉県

埼玉北部(かんがい排水)

設楽伊佐夫

千葉県

両総(かんがい排水)

板倉静雄

静岡県

浜名湖北部(かんがい排水)

平山地区認定農業者農作業受託組合

表彰式

 表彰式集合写真

受賞者の功績概要

設楽伊佐夫氏(埼玉県上里町)設楽伊佐夫氏と佳子氏

氏は、事業による安定した農業用水供給を契機に、転作田での施設野菜栽培を開始。近年は夏場の栽培が難しいみず菜を導入し、水稲育苗用スプリンクラー利用による省力的なかん水技術や白いマルチ使用などの工夫により、地域におけるみず菜栽培の普及や周年栽培技術確立に貢献しました。
また、収穫調製後、各戸で予冷し農協出荷するなど徹底した品質管理が認められ、「上里町部会のみず菜」は市場での有利販売を実現しています。

 

 

 

 

 

みず菜の収穫作業   水稲育苗用スプリンクラーによるかん水

< みず菜の収穫作業 >

 

< 水稲育苗用スプリンクラーによるかん水 >

5畝単位で一日おきに播種しているほ場   JA埼玉ひびきの上里町部会のみず菜

< 5畝単位で一日おきに播種しているほ場 >

 

< JA埼玉ひびきの上里町部会のみず菜 >


 板倉静雄氏(千葉県大網白里町)

板倉静雄氏

氏は、農業生産基盤整備を契機として、水稲受託組織による規模拡大を図るとともに、転作田を利用して野菜づくりを行う複合経営を展開し、基盤整備を活かした営農推進に大きく貢献しました。
また、朝市組合等の設立による消費者との交流を含めた販路拡大を図るとともに、農業大学生への指導を行うなど、後継者育成にも尽力しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

露地野菜(スイートコーン)   水稲大型収穫作業機械(コンバイン)
< 露地野菜 : スイートコーン>   < 水稲大型収穫作業機械(コンバイン) >
JA農産物直売所「緑の風」   消費者との交流会
< JA農産物直売所「緑の風」 >   < 氏のほ場で開催した消費者との交流会 >

 

 

  平山地区認定農業者農作業受託組合(静岡県浜松市)エフサポート集合写真

平山地区認定農業者農作業受託組合(略称 エフサポート)は、畑地かんがい施設の整備の進展にあわせ、地区内のみかんの改植・整地、園内道整備や防除等の作業受託を行う受託組合です。エフサポートが、受託した園地の作業性を向上させることにより、委託農家と担い手農家が園地を貸借等しやすい環境づくりを果たしてきました。
エフサポートの活動が模範となり、旧三ヶ日町内に新しく2つの農作業受託組合が組織され、みかん産地の維持発展に貢献しています。

 
 
 

 

 

 

 

   

乗用型防除機    点滴かんがいとマルチ栽培 
< スピードスプレヤーによる防除 >    < 点滴かんがいとマルチ栽培 > 
 機械化対応となったみかん園   収穫を迎えたみかん園 

< 機械化対応となったみかん園 > 

 

< 収穫を迎えたみかん園 >

     




 

詳しくはこちらをご覧ください。
埼玉北部(設楽伊佐夫氏)(PDF : 163KB)
両総(板倉静雄氏)(PDF : 275KB)
浜名湖北部(エフサポート)(PDF : 195KB) 

お問合せ先

農村振興部農地整備課
担当者:課長補佐(競争力強化事業推進)
代表:048-600-0600(内線3576)
ダイヤルイン:048-740-0047
FAX:048-600-0624

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader