このページの本文へ移動

関東農政局

メニュー

平成13年度国営土地改良事業地区営農推進功労者の表彰

農業農村整備事業計画の作成や事業の実施にあたり、功績のあった方(農業農村整備調査計画功労者)及び国営土地改良事業地区において、営農推進に功績のあった方(国営土地改良事業地区営農推進功労者)の表彰式(関東農政局長賞)が、平成13年12月18日に埼玉県さいたま市のさいたま新都心合同庁舎1号館講堂において行われました。表彰された方々及びその功績概要は次のとおりです。

国営土地改良事業地区営農推進功労者表彰受賞者

園部優氏(茨城県水戸市)

園部氏は、現在、事業が進められている国営かんがい排水事業那珂川沿岸地区において、用水を活用した高収益な作物の導入を模索し、平成9年から軟白ねぎの栽培を開始し、かん水技術の確立にも熱心に取り組んできました。また、有機質主体の土づくりや用水を活用したクリーンな土壌消毒を実践しJA県経済連の「茨城こだわり野菜」に認定されるなど軟白ねぎの高品質化に尽力してきました。

平成11年には、JA水戸ねぎ生産部会内に「柔甘(やわらか)ねぎ部」を発足させ、初代部長として部員と栽培協定を結び、栽培技術の向上に努め、軟白ねぎを「柔甘ねぎ」のブランド化を図るとともに、市場と播種前契約を実現させるなど販売戦略の推進にも尽力しています。

鈴木作太郎氏(千葉県東庄町)

鈴木氏は、水資源開発公団事業東総用水地区(昭和63年度に完了)において、用水を活用したこかぶの産地づくりを構想し、昭和62年に東庄町蔬菜園芸組合の中に「こかぶ部会」を設立し、部会長として、東総用水の水を利用したこかぶの生産性アップを受益農家に訴え、こかぶの導入促進と生産基盤整備の推進に尽力してきました。
平成6年からは県営畑地帯総合整備事業の役員として、畑地かんがい施設の整備等に係る事業計画の取りまとめに奔走するとともに、自ら整備されたかん水施設を活用したこかぶの生産により、農業経営の大幅な改善を図っています。さらに、販売面でも「利根川の用水を使ったこかぶ」として積極的に市場に売り込み、「東庄町のホワイトボール」としてブランドを確立しました。現在、東庄町のこかぶ生産額は10億円に達し、こかぶ生産全国第1位を誇る千葉県の中でも主力な産地となっています。

内田正雄氏(山梨県勝沼町)

内田氏は、国営かんがい排水事業笛吹川地区(昭和63年度に完了)において、地域農業改良普及センター等との連携の下、ぶどうの品種更新と畑地かんがい施設を活用した生産性の高いぶどう栽培を実践し、かん水技術の確立に熱心に取り組んできました。

昭和62年から県営かんがい排水事業の地元の畑かん委員長として、また平成2年からは笛吹川沿岸土地改良区の役員として、ぶどうの品種更新の啓発やぶどうへのかん水の必要性、効果などを受益農家に訴え、関連事業の推進に尽力してきました。
また、ぶどうの計画出荷・品質保持等のため貯蔵庫の導入、普及を図り、経営の安定化に努めました。

さらに、コンテナを使っての省力出荷や宅配便を使った流通を実践しながら、その顧客を対象とした消費者嗜好の把握を行うなど、今後のぶどう栽培のあり方を日々研究しています。

詳細はこちらをご覧くださいませ。
H13東総用水(鈴木氏)(PDF : 1,296KB)
H13那珂川沿岸(園部氏)(PDF : 1,456KB)

お問合せ先

農村振興部農地整備課

担当者:課長補佐(競争力強化事業推進)
代表:048-600-0600(内線3576)
ダイヤルイン:048-740-0116
FAX番号:048-600-0624

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader