このページの本文へ移動

関東農政局

メニュー

令和4年度農山漁村振興交付金(農福連携対策(農福連携支援事業及び農福連携整備事業))について

令和4年度農山漁村振興交付金(農福連携対策(農福連携支援事業及び農福連携整備事業))の公募結果について(令和4年6月14日(火曜日))掲載NEWアイコン

先般公募しました、令和4年度農山漁村振興交付金(農福連携対策(農福連携支援事業及び農福連携整備事業))について、以下のとおり補助金等交付候補者を選定したので、お知らせします。

注)今回の公募結果の公表については
  (ア)ソフト事業(農福連携支援事業)のみを実施する地域
  (イ)ソフト事業(農福連携支援事業)とハード事業(農福連携整備事業)を併せ行う地域
  (ウ)ハード事業のみを実施する地域
   のうち、(イ)ソフト事業(農福連携支援事業)とハード事業(農福連携整備事業)を併せ行う地域及び (ウ)ハード事業のみを実施する地域の公表を行うものであり(ア)につきましては、既に公表済みです。



・公募結果フト事業(農福連携支援事業)とハード事業(農福連携整備事業)を併せ行う地域及びハード事業のみを実施する地域)
農福連携対策(PDF : 55KB)

令和4年度農山漁村振興交付金(農福連携対策(農福連携支援事業及び農福連携整備事業))の公募について(令和4年2月24日(木曜日)掲載)

関東農政局では、令和4年度農山漁村振興交付金(農福連携対策(農福連携支援事業及び農福連携整備事業))について、交付金の交付を受ける候補者を公募します。本事業の実施を希望される方は、以下により御応募ください。
なお、本公募は、令和4年度予算政府案に基づいて行うものであるため、成立した予算の内容に応じて事業実施内容等の変更があり得ることに御留意下さい。


事業の概要

農福連携の推進を図るため、福祉農園等の開設・充実に必要となる施設等の新設又は補修・改修を行う取組、農業・加工技術等の習得を行う取組、障害者の受け入れ環境の整備を行う取組等の支援を実施します。

事業内容、応募方法、対象団体、交付金の額等の本交付金に係る詳細

提案書作成の際には、本対策の公募要領、交付等要綱、実施要領等の内容を十分に確認のうえ、取組内容や主な経費、実施体制、目標等の具体的な取組内容を御記入ください。
なお、交付金の支払方法は、原則として、
年度毎に事業完了後の翌年度の精算払(後払い(実績精算))となりますので、予め御承知おきください。

  • 1.農山漁村振興交付金(農福連携対策(農福連携支援事業及び農福連携整備事業))公募要領(PDF : 460KB)
  • 2.提案書様式(EXCEL : 44KB)
  • 3.提案書記入例(PDF : 354KB)
      (1)提案書チェックリスト(PDF : 303KB)
  • 4.農山漁村振興交付金交付等要綱(PDF : 546KB)
  • 5.農山漁村振興交付金(農福連携対策)実施要領(案)(PDF : 437KB)
  • 6.補助事業等の実施に要する人件費の算定等の適正化について(PDF : 185KB)
  • 7.農業用機械施設補助の整理合理化について(PDF : 288KB)
  • 8.農山漁村振興交付金(農山漁村活性化整備対策)費用対効果算定要領(PDF : 360KB)
      (1)費用対効果算定表(農福連携対策)(EXCEL : 58KB)
      (2)費用対効果算定例(農福連携対策)(PDF : 290KB)

公募の期間及び提出先

公募の期間

  • 令和4年2月24日(木曜日)から令和4年3月11日(金曜日)まで
  • 提案書等の提出期限は、令和4年3月11日(金曜日)17時00分まで※郵送の場合も、同日必着。 

提出先

  • 提案書のご提出は以下のお問い合わせ先への郵送、持参のほか、農林水産省共通申請サービス(eMAFF)による電子申請も可能です。
  • 農林水産省共通申請サービス(eMAFF)サイトはこちら[外部リンク]

    農山漁村振興交付金のオンラインによる各種申請等の方法(PDF : 752KB)

    eMAFFシステムに関するお問い合わせはこちら[外部リンク]

公募説明会

公募に係る説明会に代えて、音声による説明を掲載いたしました。音声による説明はこちら[外部リンク]

お問合せ先

農福担当班

ダイヤルイン:048-740-0480
FAX番号:048-740-0082