このページの本文へ移動

関東農政局

メニュー

プレスリリース

平成30年度食品リサイクル肥料の利用促進に向けた意見交換会の開催について

  • 印刷
平成30年12月20日
関東農政局
関東農政局では、食品産業の環境対策を推進しています。食品関連事業者から発生した食品廃棄物等を再生利用した肥料(食品リサイクル肥料)については、農業者の利用が進んでおらず、再生利用事業者による肥料化事業が近年縮小傾向にあり、食品関連事業者による再生利用の取組が停滞するおそれがあります。このため、肥料化を行う再生利用事業者と農業者、食品関連事業者、さらには地方公共団体や農業協同組合等とも連携し、農業者における食品リサイクル肥料の利用促進を図るための意見交換会を開催します。

開催日時及び会場

   1.日時:平成31年1月31日(木曜日)13時30分~16時45分  *専用受付設置は13時から
   2.会場:さいたま新都心合同庁舎2号館 5階共用大会議室501(埼玉県さいたま市中央区新都心2-1)

内容

1.情報提供

   「食品リサイクル肥料の現状」
     関東農政局経営・事業支援部食品企業課  

2.基調講演

   「食品リサイクル堆肥の品質向上と付加価値向上」(仮題)
    講師:一般財団法人日本土壌協会  常務理事(農学博士)  日高  伸 氏

3.取組事例発表(予定)

   (1)ユニー株式会社  業務本部CSR部 マネジャー 森島  正典 氏
   (2)株式会社アイル・クリーンテック  生産部課長  山口  光正 氏
   (3)栃木県芳賀郡茂木町農林課  土づくり推進係長  永嶋  靖史 氏
   (4)農事組合法人  埼玉産直センター  常任理事  山﨑  素治 氏

4.意見交換

   司会者:日高  伸 氏
   参加者:森島  正典 氏、山口  光正 氏、永嶋  靖史 氏、山﨑  素治 氏

5.その他

   食品企業課関連施策の情報提供ほか

参集範囲

   農業者、再生利用事業者、食品関連事業者、農業協同組合、地方公共団体担当者等

定員

   100名(先着順)

参加申込み

1.申込方法

   添付の参加申込書をダウンロードし、必要事項を記入の上、(1)又は(2)の方法で申し込んでください。
   参加申込書(EXCEL : 164KB)

   (1)メールの場合
    下記アドレスに参加申込書ファイルをメール送信してください。
     kanto_recycle@kanto.maff.go.jp

   (2)FAXの場合
     FAX番号:048-740-0081に参加申込書をお送りください。

   (3)参加証の送付
      (1)又は(2)による参加申込みを当方で確認後、参加証を申込者宛てに送付します。
      参加申込み後、1週間経っても参加証の送付がない場合は、お問い合わせください。
      *電話でのお申込みはご遠慮いただきます。
    

2.申込締切

   平成31年1月24日(木曜日) *ただし、定員になり次第、締め切ります。

3.  当日の受付方法

   合同庁舎2号館の2階ロビーに本会専用の受付を設置し、1の(3)に記載の参加証と引き換えに庁舎入館用の一時通行証を貸与しますので、当該参加証をご持参願います(複数名連記の申込みの場合で、同時受付にあっては1枚、個別受付にあっては各自1枚の持参でお願いします。)。

4.参加費  

   無料

添付資料

意見交換会チラシ(PDF : 586KB)
会場案内図(PDF : 87KB)

お問合せ先

経営・事業支援部食品企業課

担当者:山根、関口
代表:048-600-0600(内線3887)
ダイヤルイン:048-740-0455
FAX番号:048-740-0081

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader