このページの本文へ移動

関東農政局

メニュー

プレスリリース

食品ロス削減のための消費者啓発に取り組む小売・外食事業者数の中間報告

  • 印刷
令和2年10月16日
関東農政局
農林水産省は、本年8月31日より、ポスターなど普及啓発資材を活用し、消費者に対する食品ロス削減のための啓発活動を行う小売・外食店舗等を募集しています。このたび、当局管内において、啓発活動に御協力いただき、公表同意をいただきました事業者について、中間報告(10月15日現在)いたします。応募の締め切りは10月29日(木曜日)です。引き続き、ご応募お待ちしています。

1.趣旨

我が国で大量に発生する食品ロスの削減に向けて、昨年10月1日に「食品ロスの削減の推進に関する法律」が施行され、本年3月31日には、その「食品ロスの削減の推進に関する基本的な方針」が策定されました。その中で、食品関連事業者は、消費者とのコミュニケーションをとりながら、食品ロス削減に向けた取組を進めていくことが求められています。
農林水産省は、食品ロス削減の機運を高めるとともに、消費者への啓発を促進するため、全国の小売・外食事業者に対し、本年10月の食品ロス削減月間にあわせ、消費者への啓発活動の取組に協力いただくよう働きかけてきました。

2.内容

全国の小売・外食事業者に対し、農林水産省や関係省庁等が作成したポスター等を活用した店舗での消費者への啓発活動の実施を働きかけたところ、10月15日現在で当局管内では17事業者から応募があり、うち公表の同意をいただきました15事業者について中間報告します。
消費者の皆様には、ぜひこの機会にこれらの店舗を訪れ、小売・外食事業者の取組にご理解いただき、一緒に食品ロス削減に取り組んでいただきますようお願いいたします。
なお、応募は10月29日(木曜日)までとなっており、今後も以下の農林水産省HPにて、公表内容の更新を随時行ってまいります。積極的なご応募をお待ちしております。

(URL)https://www.maff.go.jp/j/shokusan/recycle/syoku_loss/201014.html
 
10月15日現在の当局管内における食品ロス削減啓発活動協力事業者のうち、公表の同意をいただきました15事業者は、以下のとおりです。

とちぎコープ生活協同組合、株式会社かましん、生活協同組合コープぐんま、株式会社フレッセイ、株式会社島忠
手しごとや咲くら、和幸、農林生協総合売店、株式会社ローソン、株式会社マルエツ、合同会社ファンタイム
株式会社イトーヨーカ堂、株式会社アブアブ赤札堂、生活協同組合ユーコープ、株式会社静鉄ストア

★新ポスター活用事業者の食品ロス削減の取組内容

とちぎコープ生活協同組合 仕入れ条件を緩和し、広く商品を受け入れています。
株式会社かましん 仕入れ条件を緩和し、広く商品を受け入れています。
生活協同組合コープぐんま 仕入れ条件を緩和し、広く商品を受け入れています。
手しごとや咲くら お客様の要望に応じて、ごはんの量の調整を行っています。
和幸 お客様の要望に応じた量(ライス等)をご用意しています。
農林生協総合売店 賞味期限が近づいた商品を割引して販売しています。
合同会社ファンタイム 「もったいない」状態の食品資源を再評価し、新たな価値を吹き込みます。
株式会社アブアブ赤札堂 仕入れ条件を緩和し、広く商品を受け入れています。

なお、全国の応募状況は以下のとおりです。

https://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/kankyoi/201016.html

3.参考

令和2年8月31日プレスリリース
「食品ロス削減のための消費者啓発に取り組む小売・外食事業者を募集します~店舗で使える普及啓発資材を提供~」

https://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/kankyoi/200831.html

4.啓発資材活用の事例紹介

応募のあった事業者の事例を紹介します。




お問合せ先

関東農政局経営・事業支援部食品企業課
担当者:三浦、関口
代表:048-600-0600(内線3831)
ダイヤルイン:048-740-5281
FAX番号:048-740-0081