このページの本文へ移動

関東農政局

メニュー

プレスリリース

関東農政局 棚田シンポジウムの開催及び一般傍聴について

  • 印刷
令和2年11月5日
関東農政局
関東農政局では、棚田・中山間の振興に重点的に取り組んでおり、その一環として令和2年12月9日(水曜日)に、「関東農政局  棚田シンポジウム~棚田と都市を結ぶネットワークづくり~」を開催します。
本シンポジウムは公開で、カメラ撮影も可能です。

1.開催概要

本シンポジウムは棚田・中山間地域の振興に取り組む多様な主体(農家、棚田保全会、企業(食品加工、CSR活動など)、大学、NPO、観光業者など)の参画を得て、先進事例の発信や関係者のネットワークづくりに資することを目的として開催するものです。

2.開催日時及び場所

日時:令和2年12月9日(水曜日)13時30分~16時00分
会場:さいたま新都心合同庁舎2号館 11階(関東農政局)及び管内各都県拠点会議室(別紙1「シンポジウム会場」参照)
※テレビ会議システムの活用による開催

3.プログラム

(1)主催者挨拶
(2)棚田地域振興法に係る情報提供等
(3)事例発表
(栃木県)那珂川町中山間地域等活性化協議会
(千葉県)鴨川市中山間地域等活性化協議会
(長野県)上田市稲倉(いなぐら)の棚田地域振興協議会
(静岡県)松崎町石部(いしぶ)棚田振興協議会(石部棚田振興協議会、常葉大学)
(長野県)松本市四賀(しが)の棚田(株式会社かまくらや)
(静岡県)菊川市千框(せんがまち)棚田(NPO法人せんがまち棚田倶楽部、株式会社ウェブサクセス)
(4)意見交換、質疑応答等

4.傍聴可能人数

各会場毎の定員の関係上、参加人数を調整させていただく場合がありますので、あらかじめ御承知願います。

5.傍聴申込方法

(1)傍聴を希望される方は、令和2年11月24日(火曜日)17時00分までに、別紙2の傍聴申込書に記入の上、FAXにてお申し込みください。
(2)希望者多数の場合は先着順とし、傍聴できない場合は、こちらからご連絡いたします。連絡がない方は、当日13時30分までに、会場にお越し下さい。
(3)シンポジウムを傍聴する場合の留意事項
シンポジウムの傍聴にあたり、次の留意事項を遵守してください。これらを守られない場合は、傍聴をお断りすることがあります。
(ア)事務局の指定した場所以外の場所に立ち入らないでください。
(イ)携帯電話の電源は必ず切って傍聴してください。
(ウ)傍聴中は静粛を旨とし、以下の行為を慎んでください。
発表者の発言に対する賛否の表明又は拍手
傍聴中の入退席(ただし、やむを得ない場合を除く)
新聞、雑誌その他シンポジウムに関係のない書類等の読書
飲酒及び喫煙
(エ)鉄砲刀剣類その他危険なものを会場に持ち込まないでください。
(オ)その他、事務局職員の指示に従ってください。

6.報道関係者の皆様へ

(1)報道関係者で傍聴を希望される場合も、上記の「5.傍聴申込方法」によりお申し込みください。
その際、報道関係者である旨を明記してください。
(2)当日は、受付で記者証等の身分証明書を提示していただきますので、あらかじめ御了承願います。
(3)報道関係者の席は傍聴者の定員に含まれます。希望者多数の場合は先着順とさせていただきます。

7.新型コロナウイルス感染拡大防止について

(1)入館時のマスクの着用、検温と手指の消毒に御協力をお願いします。
(2)発熱等、風邪の症状が見られる場合や体調に不安がある場合は、参加を御遠慮ください。
(3)会場内では、座席の間隔を空けておりますので、御了承願います。
(4)その他、事務局職員の指示に従ってください。

添付資料

別紙1「シンポジウム会場」(PDF : 46KB)
別紙2「傍聴申込書」(PDF : 57KB)

お問合せ先

農村振興部地域整備課

担当者:山崎、渡邊
代表:048-600-0600(内線3543)
ダイヤルイン:048-740-0556
FAX番号:048-600-0624

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader