このページの本文へ移動

関東農政局

メニュー

プレスリリース

平成30年度「麦セミナー」の開催について

  • 印刷
平成30年9月4日
関東農政局
関東農政局では、管内における麦の生産振興のため、平成30年10月26日(金曜日)、さいたま新都心合同庁舎2号館11階関東農政局防災対策室において、平成30年度「麦セミナー」を開催いたします。

1.開催趣旨

   近年、パン・中華麺用の小麦品種やもち性で食物繊維が豊富な六条大麦品種などの生産の進展により、国内産の麦の需要は高まっており、購入希望数量が販売予定数量を上回る状況です。一方、麦の産地銘柄間の価格差は拡大しているところであり、今後、実需者の求める銘柄・量・品質について事前に情報収集し、生産に反映する「マーケットイン」の考え方が一層重要となっています。
   このため、本セミナーは「マーケットイン」を踏まえた品種・栽培技術、産地の事例等を紹介するとともに、生産者、実需者、研究機関、行政機関等の関係者間の意見交換を行うことにより、需要に応じた生産の推進を目的に開催します。

2.日時及び場所

日時:平成30年10月26日(金曜日)15時00分から17時00分
場所:さいたま新都心合同庁舎2号館11階関東農政局防災対策室
所在地:埼玉県さいたま市中央区新都心2-1

3.内容

(1)麦の需要拡大に向けた取組

講演:一般社団法人全国米麦改良協会

7月2日に開店した日本初国産麦のアンテナショップである「むぎくらべ」(東京都千代田区)の取組及び消費者ニーズ等の需要動向を紹介

(2)麦の新品種等の紹介

講演:農研機構次世代作物開発研究センター麦研究領域小麦・大麦育種ユニット  藤郷  誠  氏
講演:農研機構中央農業研究センター企画部産学連携室農業技術コミュニケーター  大下  泰生  氏

パン・中華麺用小麦品種や焼酎・ビール等の加工適性に優れた二条大麦品種、もち性の六条大麦等の新品種を紹介するとともに、関東地域での栽培に係る留意点等を説明

(3)産地事例紹介

講演:群馬県中部農業事業所普及指導課農畜産指導係 主幹 井野  有実子 氏  

平成29年度全国麦作共励会で農林水産大臣賞(集団の部)を受賞した生産者組織「農事組合法人東上野(群馬県前橋市東上野町地区)」の「さとのそら」の高収量と品位安定を実現した土づくりや湿害対策等の取組について紹介するとともに、  小麦の生産振興に係る産地での取組(営農指導、普及活動等)を紹介

(4)情報提供

土地利用型作物に係る平成31年度予算概算要求の概要(スマート農業関係等)

(5)意見交換


(6)その他


4.参集範囲(オープンセミナー)

生産者、実需者、関係団体、研究機関、地方公共団体等

5.参加申込方法及び定員 *定員に達しましたので申込みを締め切りました。

参加を希望される方は、申込みフォーム  https://www.contactus.maff.go.jp/j/kanto/form/180904.htmlによりお申し込みください。
ファックスの場合は、添付資料「申込書」をご利用ください。
申込み締切は、平成30年10月19日(金曜日)17時となります。
申込み先着順で定員(80名)になり次第申込みを締め切らせていただきます。

6.報道関係の皆様へ

報道機関の方で取材を希望される方は、上記方法により取材を希望する旨を記載の上、お申し込みください。なお、カメラ撮りにつきましては、特別な規制はございません。

7.その他

セミナー当日は、2階エントランスホールにて受付を行います。
駐車場には、限りがありますので、公共交通機関のご利用をお願いします。


〈添付資料〉
会場案内図(PDF : 235KB)
申込書(PDF : 72KB)
案内チラシ(PDF : 299KB)







お問合せ先

関東農政局生産部生産振興課

担当者:福田、奥隅
ダイヤルイン:048-740-0409,048-740-0026
FAX番号:048-601-0533

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader