ホーム > 農村振興 > ため池百選について > 唐桶溜(栃木)


ここから本文です。

唐桶溜(かろけのため)【栃木県】

ため池の所在地

 栃木県芳賀郡芳賀町

ため池の特徴

 唐桶溜は、雑木林の丘陵地に挟まれたこの土地の用水不足解消のため、江戸・宝永年間に築造され、現在も48haの用水源として地域の農業を支えています。

 元禄14年(1701年)、地元の名主であった岡田宗山は、上流部の沢をせき止め、6haの唐桶溜築造に着手しましたが、上流からの流水だけでは満水に至らず、12km離れた鬼怒川から導水することを余儀なくされました。途中、山や台地、森林の続く起伏の激しい難所があり、4kmを隧道とする大変困難な事業でしたが、宝永3年(1706年)にようやく完成しました。

 池は、隣接する「宗山公園」と一体となって良好な景観や環境が保たれており、水生昆虫、魚類、両生類など多様な生物の生息・生育空間となっています。

 また、野鳥が多く飛来することで知られ、冬場には白鳥も観察することができます。

 池の管理は、地元ボランティア「唐桶溜の環境を守る会」によって草刈りやゴミ拾い等の清掃活動が行われています。

 

tameike05-karokenotame01 tameike05-karokenotame02

 

アクセス等

所在地

栃木県芳賀郡芳賀町東水沼

交通案内

鉄道

 
 

北関東自動車道上三川ICから車で40分

関連情報(外部リンク)

芳賀町ホームページ http://www.town.haga.tochigi.jp/townoffice/syoukou/kankou-haga/index/index-miru/kyuuseki/karoke/karoke.html

問い合わせ先

担当

 芳賀町役場 農政課 土地改良係
 

電話

 028-677-6045

ページトップへ

お問い合わせ先

農村振興部防災課 
担当者:ため池百選担当
代表:048-600-0600(内線3556)
ダイヤルイン:048-740-0566
FAX:048-740-0083

関東農政局案内

リンク集