このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

地理的表示近畿地域登録産品

「地理的表示保護制度」は、その地域ならではの自然的、人文的、社会的な要因の中で育まれてきた品質、社会的評価等の特性を有する産品の名称を、地域の知的財産として保護する制度です。

近畿地域において地理的表示制度に登録された産品をご紹介します。
現在12産品が登録されています。(令和5年7月20日現在)

近畿地域の地理的表示(GI)登録産品

近畿地域のGI登録産品一覧表(産品をクリックすると産品の詳細紹介へ移動します)

あら川の桃 富田林の海老芋


近畿地域のGI登録産品集を見る(産品集に移動します)

GI・知的財産基本ページに戻る

登録産品詳細


但馬牛(登録番号 第2号)

但馬牛の牛肉但馬牛放牧
但馬牛ブロンズ
【名称】
但馬牛(タジマギュー)、但馬ビーフ(タジマビーフ) 、TAJIMA BEEF

【登録日】
平成27年12月22日


【生産地】
兵庫県内


【登録生産者団体】
神戸肉流通推進協議会

関連リンク

〇登録簿(農林水産省)

〇神戸肉流通推進協議会

〇地理的表示産品情報

【特性】
兵庫県北部の但馬地方の山あいで長い歳月をかけ改良が重ねられた但馬牛を素牛として肥育し、A・B2等級以上に格付けされた枝肉であり、肉そのものが柔らかい。
【地域との結びつき】
素牛である但馬牛は、約1200年も昔から兵庫県北部の但馬地方の山あいで農耕に用いられた役牛が由来。明治期に肉牛として遺伝的に良質な血統であることが認識された。兵庫県の県有種雄牛のみを歴代に亘り交配し、長い歳月をかけ改良が重ねられた種雄牛と同じく県内の但馬牛を交配した良質な肉質の肉用牛。

近畿登録産品一覧に戻る

神戸ビーフ(登録番号 第3号)

神戸ビーフ神戸牛牛舎
神戸牛パネル但馬牛ブロンズ
【名称】
神戸ビーフ(コウベビーフ)、神戸肉(コウベニク)、神戸牛(コウベギュー)、KOBE  BEEF

【登録日】
平成27年12月22日


【生産地】
兵庫県内


【登録生産者団体】
神戸肉流通推進協議会

フォトレポート

関連リンク

〇登録簿(農林水産省)

〇神戸肉流通推進協議会

〇地理的表示産品情報


【特性】
兵庫県北部の但馬地方の山あいで長い歳月をかけ改良が重ねられた但馬牛を素牛として肥育し、A・B4等級以上でBMSNo6以上に格付けされた枝肉であり、最高級の霜ふり肉。
【地域との結びつき】
素牛である但馬牛は、約1200年も昔から兵庫県北部の但馬地方の山あいで農耕に用いられた役牛が由来。明治期に肉牛として遺伝的に良質な血統であることが認識された。兵庫県の県有種雄牛のみを歴代に亘り交配し、長い歳月をかけ改良が重ねられた種雄牛と同じく県内の但馬牛を交配した良質な肉質の肉用牛。

近畿登録産品一覧に戻る


三輪素麺(登録番号 第12号)

三輪素麺素麺さばき
素麺料理にゅう麺料理
【名称】
三輪素麺(ミワソウメン) 、Miwa Somen

【登録日】
平成28年3月29日


【生産地】
奈良県全域

【登録生産者団体】
奈良県三輪素麺工業協同組合
奈良県三輪素麺販売協議会

関連リンク

〇登録簿(農林水産省)

〇奈良県三輪素麺工業協同組合
〇三輪素麺振興会

〇地理的表示産品情報

【特性】
約1300年前の奈良時代に生産が始まり、三輪地方が手延べ素麺発祥の地と伝えられている。しっかりとしたコシの強さから、伸縮性に優れており、非常に細い製麺が可能であることと、茹で上げ後の茹で伸びが抑制される。
【地域との結びつき】
手延べ素麺発祥の地とされている。毎年2月5日、全国の手延べ素麺産地の関係者が一同に会し、大神(おおみわ)神社で「卜定祭(ぼくじょうさい)」が営まれている。昭和40年代以降、家内工業として広く受け入れられ県下全域に広がった。

近畿登録産品一覧に戻る


万願寺甘とう(登録番号 第37号)

【名称】
万願寺甘とう(マンガンジアマトウ)、Manganji Amato

【登録日】
平成29年6月23日


【生産地】
京都府綾部市、舞鶴市及び福知山市

【登録生産者団体】
全国農業協同組合連合会

関連リンク

〇登録簿(農林水産省)

〇万願寺甘とう
〇丹の国農業協同組合
〇全農京都府本部

〇地理的表示産品情報

【特性】
辛み成分のない甘味種とうがらし。ピーマンのような肉厚な果肉を有する。大型果であるが果肉は柔らかく、丸ごと食べられる。肩部のくびれとやや湾曲した果形が特徴。さわやかな甘い香りと、ほのかなとうがらしの香りが匂う独特の風味。
【地域との結びつき】
舞鶴市万願寺地区で「伏見とうがらし」が自然交雑して誕生した「万願寺甘とう」の在来種を基に京都府が品種「京都万願寺2号」を育成。種子の採種など品種の維持については、生産地の生産者部会と地元JAによって管理されており、この地域でしか生産できない。

近畿登録産品一覧に戻る

紀州金山寺味噌(登録番号 第39号)


金山寺味噌麹混合
【名称】
紀州金山寺味噌(キシュウキンザンジミソ)

【登録日】
平成29年8月10日


【生産地】
和歌山県

【登録生産者団体】
紀州味噌工業協同組合

関連リンク

〇登録簿(農林水産省)

〇紀州味噌工業協同組合

〇地理的表示産品情報

【特性】
和歌山県内で伝統製法により生産されている食べる味噌。野菜を麹と一緒に仕込み、発酵・熟成させているため、麹と野菜の味とが溶け合い、味がまろやかである。また、粒が残った状態でも柔らかな食感である。
【地域との結びつき】
金山寺味噌は鎌倉時代に中国の径山寺から和歌山県に持ち帰られた味噌の製法を起源とする説が有力であり、和歌山県が金山寺味噌発祥の地とされている。1948年頃に、現在の製法が確立し、その後、確立した製法により和歌山県内で継続して生産されている。

近畿登録産品一覧に戻る

近江牛(登録番号 第56号)

近江牛牛肉琵琶湖近江牛牛肉
近江牛ステーキ近江牛放牧
【名称】
近江牛(オウミウシ、オウミギュウ)、OMI BEEF

【登録日】
平成29年12月15日


【生産地】
滋賀県

【登録生産者団体】
一般社団法人 滋賀県畜産振興協会

関連リンク

〇登録簿(農林水産省)

〇滋賀県畜産振興協会
〇近江牛肉牛協会
〇「近江牛」生産・流通推進協議会

〇地理的表示産品情報

【特性】
融点が低い不飽和脂肪酸であるオレイン酸を多く含んでおり脂質の口溶けが良い。約400年前から生産が続く最も古い銘柄牛のひとつであり、日本の牛肉食文化への貢献や肥育技術の高さから日本三大和牛とも称される。
【地域との結びつき】
牛肉食が禁止されていた江戸時代、彦根藩は将軍家への献上のため、唯一、牛肉の生産が許されていました。琵琶湖の豊かな水に恵まれ稲作が盛んであったことから、稲わらを中心に給餌する肥育技術が発達。大正時代から肥育振興策が行われ、昭和26年には、日本初となるブランド牛肉振興団体「近江肉牛協会」を設立するなど、日本でも最も古くから和牛生産に取り組んでいます。

近畿登録産品一覧に戻る

佐用もち大豆(登録番号 第78号)

佐用もち大豆大豆圃場
大豆フラグ
【名称】
佐用もち大豆(サヨウモチダイズ)、Sayo Mochidaizu

【登録日】
令和元年5月8日


【生産地】
兵庫県佐用郡佐用町

【登録生産者団体】
佐用もち大豆振興部会

関連リンク

〇登録簿(農林水産省)

〇佐用町役場

〇地理的表示産品情報

【特性】
グリシニン(タンパク質)含有量が多く、加熱するともちもちした食感を有する在来種の大豆。一般的な品種と比較すると大粒で約3割重く、ショ糖をはじめとした糖質含量が高く甘味が強い。大豆を専門に取り扱う流通業者からこれらの品質が高く評価されている。
【地域との結びつき】
耕地は千種川水系の川砂が混ざった水はけの良い肥沃な土壌で大豆の生育に適している。また、登熟期に当たる9月から収穫される12月まで10度以上の昼夜の寒暖差が得られ、子実の肥大が良好である。地域では、種子専用ほ場を設け、原々種、原種、種子の厳格な管理を行い、品種固有の特性や形質、純度の維持に努めている。

近畿登録産品一覧に戻る

伊吹そば(登録番号 第85号)

伊吹そば伊吹そば畑そば収穫そばぼん

【名称】
伊吹そば(イブキソバ)、Ibuki Soba、伊吹在来そば(イブキザイライソバ)、Ibuki Zairaisoba

【登録日】
令和元年9月9日


【生産地】
滋賀県米原市

【登録生産者団体】
伊吹そば生産組合

フォトレポート
フォトレポート2
フォトレポート3

関連リンク

〇登録簿(農林水産省)

〇伊吹在来そば公式サイト
〇米原市役所

〇地理的表示産品情報

【特性】
伊吹山中腹で栽培されてきた在来種で主に直径4.5mm以下の小粒なそば。甘皮(種皮)の部分が多く、それに由来する緑の色調や香りが強く出る。また、うま味と甘みは他の優良品種と比べても遜色がなく、製粉業者やそば店から高く評価されている。
【地域との結びつき】
元来の生産地のある姉川上流域は、斜面地で水はけが良く、周囲を山に囲まれ他品種との交雑が生じにくい環境であり、また、米原市は、水はけの良い扇状地上や黒ボク土の圃場を擁し、そば栽培に適する。姉川上流域を通常の採種場とすることにより、在来種を保全しつつ安定した生産を確保する体制を確立し、それより下流の米原市内へと生産域を拡大した。

近畿登録産品一覧に戻る

わかやま布引だいこん(登録番号 第108号)

nunohiki.jpgだいこん畑
収穫収穫
【名称】
わかやま布引だいこん(ワカヤマヌノヒキダイコン)、Wakayama Nunohiki Daikon

【登録日】
令和3年5月31日


【生産地】
和歌山県和歌山市布引地区、内原地区、紀三井寺地区、毛見地区

【登録生産者団体】
わかやま農業協同組合

フォトレポート
フォトレポート2

関連リンク

〇登録簿(農林水産省)

〇和歌山農業協同組合
【特性】
⽣産地である和歌⼭市布引地区、内原地区、紀三井寺地区、⽑⾒地区の砂質⼟壌で⽣産される⻘⾸⼤根で、根部の上から下まで太さがそろいヒゲ根が少なく、⽑⽳が浅く肌のきめが細かい。また、市場関係者からも、産品の品質の良さが評価され、⾼値での取引に繋がっている。
【地域との結びつき】
⽣産地の砂質⼟壌は、通気性、排⽔性に富み⼟中深くまで酸素の供給が良く、しかも柔らかい⼟壌のため、産品の⽣育には好適であり、⼀級河川の紀ノ川も近く地下⽔も豊富なため⽔管理も容易である。また、系統試験と収穫適期の設定については、平成11年以降、当初の⽣産者を中⼼とした実施から、わかやま農業協同組合が引継ぎ、管理を徹底している。

近畿登録産品一覧に戻る

近江日野産日野菜(登録番号 第122号)


日野菜ハタ日野菜出荷
【名称】
近江日野産日野菜おうみひのさんひのな、Omi Hinosan Hinona

【登録日】
令和4年10月21日


【生産地】
滋賀県蒲生郡日野町

【登録生産者団体】
グリーン近江農業協同組合

フォトレポート
フォトレポート2

関連リンク

〇登録簿(農林水産省)

〇グリーン近江農業協同組合

【特性】
ほっそりとした形と酢のみで安定的にさくら色を発色するほど根の上部まで濃い赤紫の色調を呈している。
【地域との結びつき】
室町時代に日野の鎌掛(現在の滋賀県蒲生郡日野町)で発見された品種(かぶ)を起源とし、交雑防止のため春先に地域に咲く黄色い花を全て苅り取る「雑菜苅り」(ざつなかり)の風習や、原種の管理組合を設立するなど、地域が一体となって保全に取り組んでいる。

近畿登録産品一覧に戻る

あら川の桃(登録番号 第133号)

日川白鳳桃源郷
桃の木
【名称】
あら川の桃      (アラカワノモモ)、Arakawa no Momo、Arakawa Peach

【登録日】
令和5年7月20日


【生産地】
和歌山県紀の川市桃山町及び紀の川市竹房

【登録生産者団体】
あら川の桃振興協議会

フォトレポート

関連リンク

〇登録簿(農林水産省)

〇あらかわの桃振興協議会

【特性】
外観に優れ良好な⾷味や数百年に及ぶ歴史と知名度の⾼さから、卸売市場では⾼価格で取引されている。
開花期のピンク⾊の絨毯を敷き詰めたような桃源郷をも思わせる絶景は、多くの観光客が⾜を運び、この地域の季節を感じさせる⾵物詩となっている。
【地域との結びつき】
温暖な気候と排⽔の良い砂礫⼟壌といった⾃然条件を背景に、江⼾時代から「桃」が栽培され、⻑年の栽培技術等の積み重ねにより⾼品質な「桃」の⽣産を確⽴しており、地域全体の⽣産振興により「⼀⽬⼗万本」と⾔われる一体的な桃畑が形成されている。

近畿登録産品一覧に戻る


富田林の海老芋(登録番号 第137号)

富田林の海老芋


【名称】
富田林の海老芋(トンダバヤシノエビイモ)、Tondabayashi-no-Ebiimo

【登録日】
令和5年7月20日


【生産地】
大阪府富田林市(彼方、西板持、東板持、南大伴、北大伴、錦織)

【登録生産者団体】
富田林市海老芋振興協議会

フォトレポート

関連リンク

〇登録簿(農林水産省)


【特性】
その名の由来とされる海⽼のような湾曲した形状と縞模様が特徴である。
⾷味としてのほくほく感の指標である乾物率が他産のものより⾼く、滑らかな⾆触りから⾼級⾷材として、通常の⾥芋より⾼値で取引され、京都や東京の料亭などから重宝されている。
【地域との結びつき】
⼤阪府富⽥林市⻄板持地区を中⼼に栽培されている在来種から選抜、育成された⾥芋である。
⽣産地は、⽔⽥地帯であったことから⽔路が発達するとともに、⽯川の氾濫によって形成された砂礫に⽔⽥⼟が堆積した⽔はけのよい⼟壌。⽣育に⼤量の⽔を必要とする⼀⽅、⽔はけが悪いとすぐに傷んでしまう海⽼芋の栽培に適している。
海⽼のような曲がりを⽣むための畝⽴技術が地域で承継されている。

近畿登録産品一覧に戻る

近畿のGI登録産品集

近畿地域でGI登録された産品を紹介する冊子を作成しました。(2つのバージョンがあります)
産品集 Aタイプ  Bタイプ

近畿GI登録産品集A(PDF : 1,284KB) 近畿GI登録産品集B(PDF : 13,303KB)

産品集に関するお問い合わせは近畿農政局輸出促進課GI担当まで


近畿登録産品一覧に戻る


GI・知的財産基本ページに戻る

お問合せ先

近畿農政局 経営・事業支援部 輸出促進課

担当者:地理的表示担当
ダイヤルイン:075-414-9025