ホーム > 基本政策 > 近畿の農業・農村の6次産業化 > 近畿産業連携ネットワーク > 近畿産業連携ネットワーク「水産部会勉強会」の開催について


ここから本文です。

 近畿産業連携ネットワーク「水産部会勉強会」の開催について
(定員となりましたので、申込受付は終了しました。多数のご応募ありがとうございました。)

近畿産業連携ネットワークは、農山漁村の地域資源を有効に活用し、1次、2次、3次産業の活性化による近畿における農林漁業の活性化につなげるため、農林漁業者と企業等の異業種との連携を進め、新たな産業の創出に努めているところです。その中で、水産業における6次産業化等を通じて、近畿の水産業(漁業)の活性化を図るため、24年度に「水産部会」を設立しました。
水産業(漁業)においては、高齢化、漁獲高の減少、燃油高騰等により疲弊が進んでおり、6次産業化を通じて水産業(漁業)の活性化を図ることを目的に、以下のとおり勉強会を実施し、漁業者(漁協)及び実需者の交流を深めることとします。

1  開催日時

平成25年10月4日(金曜日)13時30分~17時30分

受付開始:12時30分~

2  場所

大阪合同庁舎1号館会議室

大阪市中央区大手前1-5-44(PDF:190KB)

3  参集者及び人数

農林漁業者、実需者、行政機関等 70名程度(参加費無料)

4  内容

  1. 講演
    講師:近畿大学農学部水産学科准教授 有路氏
    テーマ(予定):「水産業を巡る現状と課題。水産業の6次化の可能性」
  2. フリーディスカッション
    漁業者、実需者(ニーズ)などとのフリー討議(交流会)
    助言者:有路准教授
  3. その他
    フリーディスカッション終了後、名刺交換等フリーの交流(会場後方に、商談ブース用の机を配置)
    漁業者、漁協等から特産品等があれば、ブースに展示(展示ブースは7者(団体)までとします)

5  主催

近畿農政局、近畿産業連携ネットワーク

 6  参加者、展示者申込方法等

  1. 申込フォームにより、9月25日(水曜日)までにお申込ください。 (定員となりましたので、申込受付は終了しました。)
  2. 漁業者、漁協等で「展示」を希望される方(団体)は、サンプル及び試食品をご用意いただくとともに、必ず「FCP(フード・コミュニケーション・プロジェクト)展示会・商談会シート」  を作成し、農業・農村6次産業倶楽部事務局宛に電子メール(6jisangyou@kinki.maff.go.jp)で提出して下さい。
    FCP展示会・商談会シート
    FCP展示会・商談会シート
    作成のてびき FCPのページ
  3. 構想段階のものやサンプル品を持参できない場合で展示ブースを利用する場合でも、FCP展示会・商談会シートは提出して下さい。
  4. 参加(出展)申し込みは原則として先着順とし、申し込み多数の場合は、参加をお断りする場合もありますので、ご了承ください。

お問い合わせ先

経営・事業支援部事業戦略課
担当者:小根澤、小幡
代表:075-451-9161(内線2762)
ダイヤルイン:075-414-9025
FAX:075-414-7345

E-mail:6jisangyou@kinki.maff.go.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

近畿農政局案内

リンク集