このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

「地域の農業を見て・知って・活かすDB」の使い方について講義

―出張講座「京都大学」―

近畿農政局は、令和3年7月8日(木曜日)、中島統計部長が講師となり、京都大学農学部の学生40名を対象に事前に収録しWeb配信するという方法で出張講座を行いました。

講義では、「地域の農業を見て・知って・活かすDB」の概要を紹介した後、「集落機能の維持」をテーマに実際にエクセルを使って分析する過程を動画を利用して分かりやすく説明しました。
「地域の農業を見て・知って・活かすDB」は、学生のレポートや卒業論文でも利用可能なデータベースであるため、その利用方法について関心が高く、大学からの要望に応えたものです。

動画に音声を録音する中島部長

講義用の動画に音声を録音する中島部長

地域の農業を見て・知って・活かすDBの説明画面

地域の農業を見て・知って・活かすDBの説明画面

お問合せ先

統計部統計企画課

代表:075-451-9161(内線2623)
ダイヤルイン:075-414-9620
FAX番号:075-417-2067