このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

「食から日本を考える。NIPPON FOOD SHIFT FES.東京 2022」で京都芸術大学と龍谷大学が取組み発信!

令和4年10月29日(土曜日)~30日(日曜日)東京都六本木ヒルズにおいて、食と農に対する一層の理解と持続可能な未来につなぐきっかけとすることを目的として「食から日本を考える。NIPPON FOODSHIFT FES.東京」が開催されました。近畿管内からは、近畿農政局と包括的連携協力協定を締結した京都芸術大学と龍谷大学経営学部藤岡ゼミが参加し、取組みを発信しました。

龍谷大学経営学部藤岡ゼミステージ発表

龍谷大学藤岡ゼミでは「マーケティングを通じて産地と消費地を繋ぎ世界に変化を起こす」というテーマで様々な活動を行っています。ステージでは2019年からぶどう山椒の発祥地である和歌山県有田川町と連携し、農家の高齢化や跡継ぎの問題など、産地存続の課題解消に向けての4年間の取組みについて発表を行いました。
学生からは、ぶどう山の味覚体験に始まり、ぶどう山椒に関する研究論文の読み込みやマーケット調査、現地での収穫体験、商品開発やイベント、SNSなどによる情報発信など様々な取組が紹介されました。
また、会場では、ぶどう山椒を使用して開発したカレーやマドレーヌ、これまでの取組みでつながりが出来た農家が生産したりんごやみかんの龍谷大学生によるマルシェ販売も行われました。

Marché Ryukoku!(龍谷マルシェ)


峰本さんがぶどう山椒と有田川町の状況について発表


生野さん、瀧川さんが、ぶどう山椒を使った商品開発や苦労を説明

京都芸術大学ブース「シ展。2022-2023」

京都芸術大学は食料安全保障と価格転嫁をテーマにした展示「シ展。2022-2023」を発表しました。
この展示は学生自らが近畿の有機農業者や食品小売業、食品製造工場へ実際に訪問し、現場の状況や問題点、問題解決への工夫などについて意見交換を行うとともに、全国の生産者へのインタビューも踏まえ、数回にわたるプレゼン等を経て10チームがそれぞれの視点で考え展示を行いました。


タイトル「価格とおいしく話し合う」




タイトル「VEGING!!」


テーマ「贈る気持ちによる価格転嫁の実現」



テーマ「Vege.」

テーマ「箸を、改める。」


テーマ「ぴっくるー見切り品を、アタリにー」


テーマ「店舗設計における空間デザイン」


テーマ「できそこ」

お問合せ先

企画調整室

ダイヤルイン:075-414-9036