このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

「GFP輸出訪問診断」近畿ブロック第1弾を開始しました

 農林水産省では、8月にGFP(農林水産物・食品輸出プロジェクト)の専用サイト(http://www.gfp1.maff.go.jp)を開設してメンバー登録を受け付けており、登録すると、農林水産省、ジェトロ、輸出商社等の専門家からなるチームによる訪問輸出診断を無料で受けることができます。

 近畿地区では、平成3011月1日(木曜日)にその第1弾として、農林水産省、近畿農政局及びジェトロ神戸の担当者が、兵庫県丹波市にある株式会社丹波しのたろうに対する訪問輸出診断を行いました。

 既に香港に野菜パウダーを輸出している同社に対し、経営の状況、商品の国内流通・海外流通の状況、輸出取組及び輸出の意向等についてお伺いするとともに、商品の製造現場及び圃場の見学を行いました。

 診断を受けた同社の篠島代表からは、海外での穀物茶の市況情報、最適な消費期限の目安・設定方法、海外での食材の使われ方等について教えてほしいとの要望をいただき、各担当から情報提供を行いました。

 〇株式会社丹波しのたろうのホームページ: http://shinotaro.com[別ウィンドウで開きます]

説明を行う代表の篠島太氏

説明を行う代表の篠島太氏

株式会社丹波しのたろうが生産する商品

株式会社丹波しのたろうが生産する商品

(右手前から時計回りに黒豆きなこ(2)、しょうがパウダー、にんにくパウダー、菜塩、おつまみたくあん、小豆茶(2)、黒豆茶(2))

圃場見学の様子

圃場見学の様子


お問合せ先

経営・事業支援部地域連携課

代表: 075-451-9161(内線2789)
直通: 075-414-9101
FAX番号: 075-414-7345