このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー


いけばな発祥の地で「Ikenobo花の甲子園2018」全国大会が開催されました

平成30年11月11日(日曜日)に池坊会館(京都市)において、「Ikenobo花の甲子園2018」全国大会が開催され、近畿農政局長が審査員として出席し、表彰式において副賞のメダルを授与しました。

Ikenobo花の甲子園は、全国で日本の伝統文化のいけばなを学ぶ高校生3人が1チームとなり、制作した作品を発表するコンクールです。同コンクールは、運動部に比べて発表の場が少ない華道部の活躍の場として、10年前から開催されており、今年は過去最多の全国162校がエントリーしました。

全国大会では、地区大会を勝ち抜いた15校がいけばな発祥の地、京都・六角堂で、いけばなの技術やチームワーク、パフォーマンス、プレゼンテーション力、ハーモニー(調和)を競いました。どの出場校も個性豊かで創意工夫を発揮し、花をいける姿、作品に込めた想いは多くの人に感動を与え、活気にあふれた大会となりました。

花材のいけ込みと審査の様子 花材のいけ込みと審査の様子
上位3校による優勝決定戦(手前は優勝した群馬県立桐生女子高等学校) 上位3校による優勝決定戦
(手前は優勝した群馬県立桐生女子高等学校)
表彰式において神山局長より参加者に対し、副賞のメダルを授与 表彰式において神山局長より参加者に対し、副賞のメダルを授与
全国大会の出場校 全国大会出場校



詳しくはこちら(Ikenobo 花の甲子園)
https://www.ikenobo.jp/hana_no_koushien/ [別ウィンドウで開きます]

 

 

お問合せ先

生産部園芸特産課

代表:075-451-9161(内線2367)
ダイヤルイン:075-414-9023
FAX番号:075-451-5337