このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

「ひょうごの農地有効活用シンポジウム」が開催されました

平成30年11月16日(金曜日)、兵庫県篠山市において、兵庫県、兵庫みどり公社、兵庫県農業会議主催の「ひょうごの農地有効活用シンポジウム」が開催され、兵庫県下の農業者、集落代表者、農業委員等約740人が参加しました。

シンポジウムでは、冒頭、荒木兵庫県副知事から挨拶の後、近畿農政局長が「食料・農業・農村の動向と農地の有効活用について」と題して基調講演を行い、農地の集約や担い手育成に向けて、集落・地域での徹底的な話し合いが重要であることなどを提言しました。

続いて、兵庫県内4地域の特徴ある取組事例について発表があり、参加者は熱心に聞き入っていました。終わりに、地元の若手農家の方が、「関係機関のサポートを受けながら、篠山市の農業を持続的に発展させていきたい」と表明され閉会となりました。

 

 荒木兵庫県副知事挨拶 荒木兵庫県副知事による冒頭挨拶
神山近畿農政局長による基調講演 近畿農政局長による基調講演
大庭土地改良区理事長による事例発表 大庭土地改良区理事長による事例発表
若手農家による閉会挨拶 若手農家による閉会挨拶
会場の様子 会場の様子

お問合せ先


経営・事業支援部農地政策推進課

担当者:羽者家、晴佐久
代表:075-451-9161(内線2772、2777)
ダイヤルイン:075-414-9013
FAX番号:075-414-1384