このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

平成30年度「和食シンポジウム」を開催しました



   近畿農政局は、平成30年11月27日(火曜日)、大阪市において、平成30年度「和食シンポジウム~11月24日は和食の日、守ろう・つなげよう・ひろめよう~」を開催しました。

   このシンポジウムは、「和食」への理解を深めてもらうことを目的に開催し、管内の消費者、企業、行政、教育関係者、栄養士の方など約100名の方々にご参加いただきました。 

  基調講演では、講師に MIHO MUSEUM館長熊倉功夫氏を迎え、「和食とは何か-創造と継承-」と題し、自然に生かされた日本の食文化の来歴をわかりやすく説明するとともに和食文化の素晴らしさについて講演いただきました。

休憩時間には京料理「萬重」三代目若主人田村圭吾氏により、芳醇な本場の「だし」をふるまっていただき、多数の参加者から「おいしかった」と大好評でした。

   続いて、同志社女子大学生活科学部食物栄養科学科 教授 小切間美保氏のコーディネートにより、熊倉功夫氏、田村圭吾氏、大阪市立大学非常勤講師 山下満智子氏、イオンリテール株式会社近畿カンパニー商品統括部統括部長 奥村太郎氏をパネリストとして迎え、「和食文化の保護・継承」についてパネルディスカッションを実施しました。

   参加者からは、「和食文化の大切さをあらためて確認することができた。」「四季、行事、地域ごとに特色ある食がある和食は素晴らしい文化だと感じた。」「各家庭で和食伝承を広めていきたい。」などの感想をいただきました。

 

和食シンポジウムの様子

 和食シンポジウムの様子

MIHO MUSEUM館長 熊倉 功夫 氏による講演

MIHO MUSEUM館長 熊倉 功夫 氏による講演

 「だし」の試飲の様子

「だし」の試飲の様子

パネルディスカッションの様子

パネルディスカッションの様子

コーディネーター  同志社女子大学生活科学部食物栄養科学科教授 小切間 美保 氏

コーディネーター  同志社女子大学生活科学部食物栄養科学科教授 小切間 美保 氏
MIHO MUSEUM館長 熊倉 功夫 氏 MIHO MUSEUM館長 熊倉 功夫 氏

 京料理「萬重」三代目若主人 田村 圭吾 氏

京料理「萬重」三代目若主人 田村 圭吾 氏

大阪市立大学非常勤講師 山下 満智子 氏

大阪市立大学非常勤講師 山下 満智子 氏

イオンリテール株式会社近畿カンパニー商品統括部統括部長 奥村 太郎 氏 

イオンリテール株式会社近畿カンパニー商品統括部統括部長 奥村 太郎 氏

お問合せ先

経営・事業支援部 地域食品課
代表:075-451-9161(内線2761)

ダイヤルイン:075-414-9025
FAX番号:075-414-7345