このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

佛教大学において、若手農業経営者による講演を行いました。

平成30年12月4日(火曜日)、京都市において、佛教大学の学生を対象に、若手農業経営者による講演を行いました。

近畿農政局では、我が国の農業従事者の高齢化、担い手不足の現状の中、農業の内外から新規就農を促進し、持続可能な力強い農業を実現していくための取組を行っております。その一環として、これまで農業に関わりの少なかった一般大学の学生を対象に、広く農業界の現状やそこで働く人々の取組を紹介し、職業としての農業を考えるきっかけ作りとすることを目的に「職業としての農業を考えるためのセミナー」等を開催しております。

佛教大学では、昨年から当該セミナーを開催させて頂いておりますが、本年は社会学部現代社会学科の「グローバル化論」の時間をお借りして、若手農業経営者による地域の農業経営に関する講演を行い、2回生以上の学生約120人にご参加いただきました。

ゲストスピーカーには、農業経営の他に、兵庫県農業青年クラブの会長を始め、現在では全国農業青年クラブ連絡協議会の幹事として、若手農業者の活動を牽引する兵庫県加古川市の株式会社LEAD代表取締役、都倉貴博氏を迎え、アパレル業界から農業へ転身された際の経緯や、就農されてからのこと、農業青年クラブのこと、今後の展望などを交えながら、「夢無きものに成功なし~あなたの夢はなんですか~」と題してご講演頂きました。

学生の皆さんからは、「若者が農業を知る機会が大切である」等、様々な貴重なご意見を頂きました。
また、佛教大学の学生支援部、社会学部の関係者の皆様のご協力に感謝申し上げます。


 

講師の都倉貴博氏
   

教室の様子
   
  佛教大学社会学部
近藤敏夫教授
   
  講演を行う都倉氏
   
講演を熱心に聞く学生たち
   
講演の様子

お問合せ先

経営・事業支援部経営支援課

代表:075-451-9161(内線2792)
ダイヤルイン:075-414-9055
FAX番号:075-414-7345

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader