このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

「令和元年度国営亀岡中部地区営農推進講演会」を開催しました

近畿農政局は、令和元年12月10日(火曜日)、亀岡市において、「令和元年度 国営緊急農地再編整備事業「亀岡中部地区」営農推進講演会」を国営亀岡中部地区推進協議会全体営農委員会及び国営亀岡中部地区営農検討チームの共催で開催しました。

近畿農政局では、平成26年度から亀岡市において、国営緊急農地再編整備事業「亀岡中部地区」を実施し、農地の大区画化や道路、用排水路等を総合的に整備しており、本講演会は、事業による工事完了後の営農推進を図るため、集落営農組織の設立に向けて開催したもので、受益農家、関係機関の担当者ら約80名の方にご参加いただきました。

講演会では、滋賀県東近江市の農事組合法人ぐっど・はーべすと 経営アドバイザー 西村紳一郎氏を講師に迎え、「村づくりと集落営農(30年間の取組と決断)」と題し、村づくりの一環としての集落営農の取組と将来の集落の在り方を見据えた組織づくりについて講演いただきました。

続いて、兵庫県たつの市の株式会社ささ営農 代表取締役 八木正邦氏を講師に迎え、「株式会社ささ営農 ~みんな仲良く、地域と共にたちゆく組織~」と題し、高齢化が進み、出役も難しくなる中、地域の農業を守るための株式会社化と6次産業化の取組について講演いただきました。

閉会に当たり、国営亀岡中部地区推進協議会全体営農委員会 委員長 茨木儀一氏から、「各工区でビジョンを持って、行政を交えて、ワンチームになって目標である営農に向かっていただきたい」といった挨拶をいただきました。

参加者からは、「後継者の目途がない状態で、新しい取組を考えなければならないと思った」「両組織とも次の世代への引き継ぎを意識した取組をされており、参考にすべきと思った」などの感想をいただきました。


西村氏講演
 農事組合法人ぐっど・はーべすと 経営アドバイザー 西村紳一郎氏による講演

八木氏講演
 株式会社ささ営農 代表取締役 八木正邦氏による講演

講演会1
 講演会の様子(1)

講演会2
 講演会の様子(2)

委員長挨拶
 国営亀岡中部地区推進協議会全体営農委員会 委員長 茨木儀一氏による閉会の挨拶

お問合せ先

農村振興部農地整備課

代表:075-451-9161(内線2565)
ダイヤルイン:075-414-9541
FAX番号:075-417-2090