このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

プレスリリース

みどりの食料システム法に基づく地方公共団体の基本計画の同意について(滋賀県)

  • 印刷
令和4年10月28日
近畿農政局
令和4年7月に施行された「環境と調和のとれた食料システムの確立のための環境負荷低減事業活動の促進等に関する法律(みどりの食料システム法)」に基づき、農林水産大臣が全国で初めて「滋賀県みどりの食料システム基本計画」に同意しました。

基本計画とは

みどりの食料システム法(以下「法」といいます。)は生産者、食品事業者、消費者等の関係者の理解と支持の下、農林水産物等の生産から消費に至る各段階において環境への負荷の低減に取り組むことにより、環境と調和のとれた食料システムの確立を図り、もって農林漁業・食品産業の持続的な発展等に結びつけるための枠組みです。
この法第16条第1項に基づき、市町村及び都道府県は地域の食料システムの将来の在り方や促進すべき具体的な取組内容を示す基本計画を策定し、農林水産大臣の同意を得ることが出来ます。
「滋賀県みどりの食料システム基本計画」は、滋賀県及び県内全19市町が、既存の「滋賀県環境こだわり農業推進基本計画」等をベースに、化学肥料・化学農薬の使用の低減や琵琶湖の環境負荷に配慮した「環境こだわり農業」の生産拡大を図るとともに、有機農業の取組面積の拡大、スマート農業等の新技術の活用、飲食店や事業所食堂等での活用を通じた消費拡大等を推進することとしています。
今後、滋賀県下において、化学肥料・化学農薬の使用低減など環境負荷の低減に取り組む農林漁業者は「滋賀県みどりの食料システム基本計画」に基づき滋賀県知事の認定を受けることが可能となります。

関連情報

お問合せ先

生産部生産技術環境課

担当者:松岡、杉本
代表:075-451-9161
ダイヤルイン:075-414-9722
FAX番号:075-451-5337