ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 近畿農政局「消費者の部屋」12~1月展示(食品表示)のご案内


ここから本文です。

プレスリリース

平成25年12月11日

近畿農政局

近畿農政局「消費者の部屋」12~ 1月展示(食品表示)のご案内

皆さんは食品を購入される時、何を基準に選ばれていますか?
お店等で販売されている様々な食品には、「原産地」や「原材料」などの情報が表示されています。また、飲食店等で提供されるご飯もお米の産地情報がわかるようになっています。
今回の展示では、皆さんが知りたい食品の情報を、正確でわかりやすく表示、伝達するために定められたJAS法(※1)と米トレーサビリティ法(※2)に基づく表示についてご紹介します。

(※1)JAS法の正式名称:「農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律」

(※2)米トレーサビリティ法の正式名称:「米穀等の取引等に係る情報の記録及び産地情報の伝達に関する法律」

テーマ

お役に立ちます食品表示

~JAS法・米トレーサビリティ法~

期間

平成25年12月16日(月曜日) ~平成26年1月15日(水曜日)

(土・日曜日、祝日を除きます。初日は午後1時から、最終日は正午までとなります。)

場所

近畿農政局1階消費者の部屋「特別展示コーナー」

京都市上京区西洞院通り下長者町下ル丁子風呂町

地下鉄「丸太町」駅下車徒歩約15分(京都府庁西隣り)

内容

パネル展示とパンフレットの配付

参考

JAS法とは(農林水産省ホームページ)
http://www.maff.go.jp/j/jas/jas_gaiyou.html

JAS法とは(近畿農政局ホームページ)
http://www.maff.go.jp/kinki/syouhi/hyouzi/jashou.html

お米の流通に関する制度(農林水産省ホームページ)
http://www.maff.go.jp/j/syouan/keikaku/beikoku/index.html

米トレーサビリティ法について(近畿農政局ホームページ)
http://www.maff.go.jp/kinki/syouhi/kansi/kome_trace/index.html

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

消費・安全部消費生活課
担当者:「消費者の部屋」穴山、福井
代表:075-451-9161(内線2214)
ダイヤルイン:075-414-9761
FAX:075-417-2149

消費・安全部表示・規格課
担当者:猪岡、西村
代表:075-451-9161(内線2231)
ダイヤルイン:075-414-9082
FAX:075-417-2149

消費・安全部流通監視課
担当者:廣田、森本
代表:075-451-9161(内線2241)
ダイヤルイン:075-414-9731
FAX:075-417-2149

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

近畿農政局案内

リンク集