ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 近畿農政局「消費者の部屋」4月展示(世界農業遺産「みなべ・田辺の梅システム」)のご案内


ここから本文です。

プレスリリース

平成28年3月18日

近畿農政局

近畿農政局「消費者の部屋」4月展示(世界農業遺産「みなべ・田辺の梅システム」)のご案内

世界農業遺産(GIAHS ジアス※)は、国際連合食糧農業機関(FAO)によって、2002年に誕生したプロジェクトです。社会や環境に適応しながら何世代にも渡って発展してきた持続可能な農業、文化、景観、生物多様性の豊かさを持ち合わせた農業など、次世代に継承する価値のある世界の農業システムを認定します。現在、世界15カ国36地域が認定されています。
「みなべ・田辺の梅システム」は、2015年12月15日に認定(近畿地方では初の認定)を受けました。養分の乏しく礫質で崩れやすい山の斜面を活用して、薪炭林(しんたんりん)を残しつつ、梅林を配置し400年に渡り高品質な梅を持続的に生産してきた農業システムについて、ご紹介します。
※  世界農業遺産:正式名称は、"Globally Important Agricultural Heritage Systems"

テーマ

世界農業遺産「みなべ・田辺の梅システム」
~次世代につなぐ、世界に誇るべき「農業システム」~

期間

平成28年4月1日(金曜日)~4月15日(金曜日) 8時30分~17時
(土・日を除きます。初日は午後1時から、最終日は正午までとなります。)

場所

近畿農政局1階消費者の部屋 「特別展示コーナー」
京都市上京区西洞院通り下長者町下ル丁子風呂町
地下鉄「丸太町」駅下車徒歩約15分(京都府庁西隣り)

内容

パネルとパンフレットの展示

  • 世界農業遺産「みなべ・田辺の梅システム」に関する情報の紹介
  • 南高梅、梅の新品種及び梅の機能の紹介

参考

世界農業遺産(GIAHS)(農林水産省ホームページ)
http://www.maff.go.jp/j/nousin/kantai/giahs1.html

「みなべ・田辺の梅システム」世界農業遺産認定(和歌山県ホームページ)
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/ume/index.html

「みなべ・田辺の梅システム」世界農業遺産認定(みなべ町ホームページ)
http://www.town.minabe.lg.jp/docs/2015121400019/

「みなべ・田辺の梅システム」世界農業遺産認定(田辺市ホームページ)
http://www.city.tanabe.lg.jp/ume/umesystemgiahs.html

世界農業遺産(GIAHS)(国際連合食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所ホームページ)
http://www.fao.or.jp/263/225.html

 

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

消費・安全部消費生活課
担当者:(消費者の部屋については)清水、勝田
代表:075-451-9161(内線2214)
ダイヤルイン:075-414-9761
FAX:075-417-2149

農村振興部農村環境課
担当者:(展示内容については)浜岡、前根
代表:075-451-9161(内線2456)
ダイヤルイン:075-414-9052
FAX:075-451-3965

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

近畿農政局案内

リンク集