このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

プレスリリース

近畿農政局「消費者の部屋」4~5月展示(動物検疫)のご案内

  • 印刷
平成31年3月18日
近畿農政局
近畿農政局「消費者の部屋」では、農林水産行政や食生活などについての情報提供を行っています。
今回の「消費者の部屋」特別展示は、『動物検疫制度をご存知ですか?~家畜伝染病の国内侵入を防止するために~』をテーマに行います。ぜひ、お気軽にお立ち寄りください。

1.展示テーマ

  動物検疫制度をご存知ですか?
  ~家畜伝染病の国内侵入を防止するために~

2.展示期間・場所

  (1)京都市北区役所での展示
  期間:平成31年4月1日(月曜日)~4月12日(金曜日) 8時30分~17時
    (土・日を除きます。初日は13時から、最終日は正午までとなります。)
  場所:北区役所本庁舎2階「北区民交流スペース」
     京都市北区紫野東御所田町33-1
     市営地下鉄烏丸線「北大路」駅下車 南側改札を出て2番出入口から徒歩約10分
     市バス「北大路新町」下車(徒歩約2分)、「北大路堀川」下車(徒歩約3分)
  (2)近畿農政局での展示
  期間:平成31年4月15日(月曜日)~5月10日(金曜日) 8時30分~17時
    (土・日、祝日を除きます。初日は13時から、最終日は正午までとなります。)
  場所:近畿農政局1階消費者の部屋「特別展示コーナー」
     京都市上京区西洞院通下長者町下る丁子風呂町
     市営地下鉄「丸太町」駅下車徒歩約15分(京都府庁西隣り)

3.展示概要

  動物検疫は、昨年から中国をはじめ東南アジアでも発生しているアフリカ豚コレラや口蹄疫、鳥インフルエンザ、狂犬病などの動物の病気が国内に侵入することを防止するために設けられている制度です。日本は、牛や馬、鶏のヒナなどの動物、肉製品などの畜産物を海外からたくさん輸入しています。
  今回の「消費者の部屋」特別展示では、これらの輸入検査がどのように行われているのか、また、旅行者の手荷物に肉製品や果物などの検査対象品が入っているかを嗅ぎ分ける「検疫探知犬」の活動について、パネルとパンフレットの展示により、ご紹介します。

4.参考

  農林水産省動物検疫所ホームページ
  http://www.maff.go.jp/aqs/

添付資料

  動物検疫制度をご存知ですか?~家畜伝染病の国内侵入を防止するために~(展示内容のチラシ)(PDF : 1,029KB)

お問合せ先

消費・安全部消費生活課

担当者:(消費者の部屋については)
米田、片岡
代表:075-451-9161(内線2214)
ダイヤルイン:075-414-9761
FAX番号:075-417-2149

動物検疫所関西空港支所

担当者:(展示内容については)
水出、藤原
代表:072-455-1956
ダイヤルイン:072-455-1956
FAX番号:072-455-1957

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader