このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

プレスリリース

平成30年市町村別農業産出額(推計)(近畿)

  • 印刷
令和2年3月17日
近畿農政局

平成30年市町村別農業産出額(推計)について、以下のとおり近畿の結果を取りまとめましたのでお知らせします。

統計結果の概要

  1. 近畿における平成30年市町村別農業産出額は、1位が兵庫県南あわじ市で215.2億円、次いで和歌山県紀の川市が163.7億円、兵庫県神戸市が146.8億円、和歌山県有田川町が134.1億円、和歌山県田辺市が132.1億円の順となっています。
  2. 主要部門について産出額が最も高い市町村をみると、米は滋賀県東近江市で64.7億円、野菜は兵庫県南あわじ市で130.9億円、果実は和歌山県田辺市で112.9億円、花きは和歌山県御坊市で16.2億円、肉用牛は兵庫県神戸市で26.2億円、乳用牛は兵庫県南あわじ市で25.6億円、鶏は兵庫県豊岡市で54.8億円となっています。

添付資料

平成30年市町村別農業産出額(推計)(近畿)(PDF : 7,085KB)

お問合せ先

統計部経営・構造統計課

担当者:見瀬、兒島
代表:075-451-9161(内線2631)
ダイヤルイン:075-414-9630
FAX番号:075-451-0079

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader