このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

巨椋池の自然

1.位置と地形

  京都市伏見区の南部から宇治市の西部、久御山町の北東部にかけては、広大な田地が広がっています。現在では、高速道路のインターに巨椋池の名をとどめるだけになりましたが、ここには、昭和初期まで、「巨椋池(おぐらいけ)」という巨大な湖が存在していました。

   干拓が行なわれる前の巨椋池は、東西4km、南北3km、周囲16km。面積は約800haと、甲子園球場の約200倍もの大きさでした。太古には、京都市の北から奈良盆地までが一面の湖であったらしく、巨椋池のあった場所は、その中でも最も低い土地でした。

  琵琶湖の水は瀬田川(宇治川)となって巨椋池に流れ込んでいました。琵琶湖の水面の海抜は約85m。琵琶湖から巨椋池までの瀬田川の長さは約30km。これに対して、巨椋池の海抜は11m前後。大阪湾までの淀川の長さは約40km。したがって、河川の勾配は、瀬田川(宇治川)が約1/400、淀川は1/4000と巨椋池を境に、急激に緩やかになっているのがわかります。

  ともかく、この巨椋池のあった場所は周辺の盆地の中でも極端に低く、この地の海抜の低さは、干拓され農地となった現在も同じままなのです。



巨椋池の流域
巨椋池の流域

 

2.川

  琵琶湖から流れ出る「瀬田川」は、京都府との境、喜撰山(きせんやま)の麓あたりで「宇治川」と名前を変えます。そして、巨椋池のあった場所で、桂川、木津川と合流して、「淀川」となります。

  三本の川が集まるこの地には、460本の河川を持つ琵琶湖の水量と、京都盆地に集まる川の水量、さらには伊賀上野周辺の山々から流れ出る川の水量がすべて押し寄せました。かつての巨椋池が、いかに莫大な量の水量を受け止めていたかがわかります。

  普段の水深は1m前後と浅い湖でしたが、大雨が降り川の水位が上がると、水は低地にある巨椋池へと流入します。一気に4~5mもの深さへと姿を変えることも少なくありませんでした。そのたびごとに、周囲に住む人々は水害に苦しんできました。池は、川の水量の変化によって大きく形を変えていたといいます。



かつての巨椋池の想像図
かつての巨椋池の想像図

 



3.気候

  周囲を山地で囲まれる京都盆地は、風速が弱く、寒暑の差が大きいという盆地特有の気候を示しています。夏は日中の暑気は過酷ですが、夜間は冷涼。そして、冬は、朝晩にはかなり冷え込みますが、日中は比較的高温になります。

  夏には雷の発生が多く、京の名物とさえいわれるほどです。これは、地面の湿気が太陽の熱によって急激に蒸発して積乱雲をつくるためです。

  こうした気象条件は、巨椋池周辺の農業にも密接に関係しており、名産・宇治茶に代表されるように湿度を好むお茶の栽培にも適しています。



宇治の茶畑
宇治の茶畑


4.地域の生きもの

  かつての巨椋池(昭和9年当時)には、植物についてみると、シャジクモ類2種、蘚苔(せんたい)類2種、羊葉類4種、単子葉類100種、双子葉類76種、合計180種が生育していました。特に国産水生植物の85%が生育する宝庫となっていました。中でもハス(蓮)は古くから生育していたと考えられ、古事記や万葉集にもその存在が示されています。

   干拓後の用排水路や水田においては、アキウキグサ、ミズワラビ、サンショウモをはじめ、28科82種の生育が確認されており、今なお過半数の水草類が生育し続けています。

  魚類を見ると、ビワタナゴ(イタセンパラ)、ニゴイ、タモロコ、イトモロコなど淀川水系の43種の淡水魚が生息していたといわれています。現在、宇治川などでは、ワタカ、イタセンパラ、天然記念物のアユモドキをはじめ29種の魚類が見られます。

  また、貝類は36種が生息していたといわれていますが、イケチョウガイについては、琵琶湖と巨椋池以外ではその生息は確認されていません。

   鳥類に関しては、平地水辺の鳥の大集合地として20科63種以上の鳥類が生息または飛来していました。干拓後の水田や宇治川河川敷においては、現在100種近くの鳥類が1年を通じて観察されます。また干拓田では、オオチドリ、セイタカシギ、オオワシなどの珍しい鳥も観察されることがあります。


巨椋池鳥類図
巨椋池鳥類図












お問合せ先

農村振興部設計課

担当者:事業調整室
代表:075-451-9161(内線2521)
ダイヤルイン:075-414-9513
FAX番号:075-417-2090