このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

兵庫県立農業高等学校の現地学習会を開催(令和2年12月)

兵庫県立農業高等学校農業環境工学科2年生を対象とした現地学習会を令和2年12月16日に開催しました

 兵庫県立農業高等学校農業環境工学科2年生を対象に東播用水の主要施設である御坂サイフォン、呑吐ダム、淡山疏水・東播用水博物館を見学する現地学習会を、それぞれの施設を管理している東播用水土地改良区、加古川水系広域農業水利施設総合管理所と協力して行いました。
  呑吐ダムでは監査廊に設置してある計測機器を見学し、御坂サイフォンでは歴史や機能、現在実施している耐震対策工事について説明するとともに、淡山疏水・東播用水博物館では明治から大正にかけて実施された淡河川・山田川疏水事業の歴史や緑が丘サイホンなど東播用水二期土地改良事業の主要工事について説明を行いました。
  生徒たちはアンケートにおいて、「ダムや御坂サイフォンの役割を理解した。」、「普段入れないダムの内部や御坂サイフォンに入れて貴重な体験ができた。」、「実物を見ながらの説明だったので内容がスッと入ってきて分かりやすかった。」、「仕事をするのであればどんな仕事内容なのか理解できた。」、「もう少し勉強しないといけないな。」等の意見を寄せてくれており、今回の現地学習会により本事業への関心が更に高まることを期待しています。

呑吐ダム
呑吐ダムの監査廊で観測機器を学習


      呑吐ダム堤体
呑吐ダム堤体での説明


御坂サイフォン
御坂サイフォンを学習

TT博物館
淡山疏水・東播用水博物館での説明









お問合せ先

東播用水二期農業水利事業所

ダイヤルイン:078-965-1246
FAX番号:078-965-1248