このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

「むらびと体験」メニューで外国人観光客を誘致
一般社団法人京丹後市観光協会(京都府京丹後市)

【印刷用】(PDF : 91KB)

取組概要

京丹後市観光協会は、網野町掛津地域の10軒の旅館・民宿で、宿泊料金、食事メニューを統一した「掛津のむらびと体験」と名付けたプランを外国人観光客向けにPRしています。
また、台湾からの修学旅行生の受入れも平成26年度から始めており、5日間程度の行程のうち1泊を京丹後市に宿泊してもらえるよう誘致活動をしています。

取組推進のポイント

海外からの旅行者は「食」や「家族のつながり」を求めて来られる場合が多いので、磯遊びや海岸清掃といった「むらびと体験」や、座禅、丹後の郷土料理のばらずし作り、地引き網、フルーツ狩りなどの体験メニューを設定しています。宿泊施設で提供する食事は特別な料理ではなく、地元の人たちが普段食べているものを提供しています。
海外へ向けた情報発信は、海外の旅行サイト(Booking.com、Agoda.com)への登録を行っているほか、外国語(英語、中国語(繁体・簡体)、ハングル)のパンフレットも作成しています。
また、アジア圏の有名ブロガーに来てもらい、ブロガーからの情報発信を進めています。
来られた方には良い印象をもっていただき、ブログや口コミ等により広がることを期待しています。

課題

個人の外国人観光客は、公共交通機関を利用する場合が多く、京丹後市への交通アクセスの悪いことが更なる誘致を図る上での障害になっています。
また、個人観光客は予約や問い合わせの際に電話での対応が多く、電話では身振り手振りで意思疎通ができないこともあり、言葉の壁を打破することが大きな課題になっています。
観光農園や漁港との連携も行っていますが、雨天時の対応、お客さんの送迎手段をはじめ課題が多く、旅行プランに組み入れにくいのが実情です。

 将来展望

外国人観光客の受け入れを行っているのは、市内では現在のところ網野町掛津地域だけですが、将来的には市内の各地域(市内約200軒の旅館・民宿)へ拡大していきたいと考えています。
現在は京丹後市で全行程のうち1泊をしていただくことを想定して誘致活動を進めていますが、将来は長期間滞在できるよう受入れ体制を構築していくことを考えています。

お問合せ先

企画調整室
ダイヤルイン:075-414-9036
 FAX:075-414-9060

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader