このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

姫路城近隣で瀬戸内海の海鮮料理を提供
はりかい姫路城店((有)播磨海洋牧場)(兵庫県姫路市)

【印刷用】(PDF : 120KB)

取組概要

平成5年に日本で初めて世界文化遺産に登録された姫路城は、21年から実施されてきた「国宝姫路城大天守保存修理工事」が27年3月に終了し、グランドオープンしました。
はりかい姫路城店は、瀬戸内海の播磨灘の漁業者と直接取引して水産物を直接仕入れる海鮮魚卸販売業を行っている(有)播磨海洋牧場が、姫路城すぐ側の屋敷跡に整備されている「家老屋敷公園」に、23年に水産加工品を販売する店として出店しました。26年には、活魚、鮮魚、加工品をお店で食べていただくことができるバル形式のお店としてリニューアルオープンし、姫路城がグランドオープンしたこともあり、以前と比べ来客数は約3倍に増え、その内訪日外国人旅行者は約1割、その中でも、台湾からのお客さんが8割を占めています。

 

取組推進のポイント

海外からの旅行者が増えてきたことから、店頭で提供するメニューは、日本語、英語、中国語に対応するとともに、来店客の多い土日は、訪日外国人旅行者のニーズを把握するため、中国籍の社員を配置し接客対応しています。
また、漁業者と連携することにより、例えばカキの収穫時に高い位置から落下をさせずに収穫したり、漁網捕獲でない魚にストレスのかからない方法にしたりするなど、マーケティングの情報をダイレクトに生産者へ伝え、高品質で新鮮な水産物を提供できるとともに、これまで未利用魚として処理されてきた魚についても、骨も含めて丸ごと食べられる水産物加工品等を開発し、外国人旅行者にも好評を得ています。

 

課題

訪日外国人旅行者が、どのようなものを求めているのか情報が少なく、引き続き市場調査が必要です。
訪日外国人旅行者は、比較的ツアー客が多く、観光バスでの移動となるため、店舗の位置が、駐車場から姫路城へ向かう動線から外れていることから、店舗へ来てもらえるよう情報発信が必要となっています。
 

 

将来展望

訪日外国人旅行者は、姫路城を見学した後は、他の観光地へ流れているのが現状であることから、姫路や播州地域でやる気のある方々と連携し、インバウンドに対応できるように仕組みを作っていきたいと考えています。

お問合せ先

企画調整室
ダイヤルイン:075-414-9036
 FAX:075-414-9060

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader