このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

豊かな湧水と自然景観の里山でレストランと宿泊施設を開設し地域を活性化
株式会社ラシーヌ・ホーム針江(滋賀県高島市)

【印刷用】(PDF : 105KB)

取組概要

滋賀県高島市新旭町針江地区は、比良山系の伏流水の湧き水「生水(しょうず)」を生活に利用する台所「川端(かばた)」の伝統を江戸時代から守り続けている数少ない地域です。また、この地区は国の重要文化的景観や、平成の名水百選などに選ばれており、水温約13度の川には、日本固有種である「バイカモ(梅花藻)」の生育が見られます。
(株)ラシーヌ・ホーム針江は、観光客等をもてなして地域を活性化しようと、地元の「針江生水の郷委員会」の協力を得て、平成27年8月、ショップ、レストランと宿泊施設を開設しました。
ショップでは地元酒造とタイアップしたオリジナル日本酒(伊勢志摩サミット納入酒)など地元特産品やジーンズを販売しています。
レストランには、湧水を使った池と水路があり、店内にも水路が流れています。また、地元の野菜、米、近江牛、琵琶湖魚などの食材を使った料理を提供しています。
宿泊施設は、湧水を使った入浴設備があり、現在、客室6室、定員23人で、27年8月の開設から約1か月間の宿泊者数は約60人、うち外国人は5組約20人です。
観光客には、針江生水の郷委員会と連携し川端見学ツアーなどの案内を行なっています。なお、施設開設に当たって、地元から正社員3人、アルバイト7人の雇用を生み出しています。
 建物 施設

取組推進のポイント

インターネットで情報発信を行い、外国人には英語、中国語ができるスタッフ数名が対応しています。また、店内に英語の案内板を掲示しています。

課題

インバウンド対応のため外国人向けのパンフレットを作成すること、他の体験ツアーと連携し集客を拡大すること、案内看板を設置することなどの課題があります。

足湯

将来展望

旅行業者と連携した集客を考えています。現在は、一般旅行客、バックパッカー及び研修客も視野に入れた宿泊施設ですが、年内に和室でやや高級な宿泊施設の増築を予定しています。また、酒造会社との連携により地酒のブランド化、発酵食品の販売強化を検討中です。

お問合せ先

企画調整室
ダイヤルイン:075-414-9036
 FAX:075-414-9060

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader