このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

寿司職人を体験できる「学校」やハラール弁当で「観光奈良」の振興に貢献
株式会社梅守本店(奈良県奈良市)

【印刷用】(PDF : 197KB)

取組概要

奈良市の株式会社梅守本店(梅守)は、日本を訪れる外国人の最大の楽しみは日本食と言われ、訪日の大きな動機となっていることを受けて、一日寿司職人体験ができる「うめもり寿司学校」を開設しています。2013年から始まったこの事業は、5年を過ぎ35万人の来場者を超えています。95%が台湾、香港、韓国等からの観光客で、握り寿司、巻き寿司づくりなどを体験しました。このエンターテイメント寿司学校は「国籍・人種・年齢に関係なく、障害・病気をお持ちの方、どんな方でも楽しんで幸せになっていただける場づくり」を目指して、運営されています。
また、梅守は26年11月にはハラール認証を取得し、近年増加しているイスラム教徒の多い東南アジア地域の観光客から「イスラム教の戒律を守り安心して和食を食べたい」の声が聞かれる中、手まり寿司弁当など7種類のハラール弁当を製造・販売して、好評を博しています。日本食「寿司」に関わる食文化の発信によって外国人の訪日を促し、観光奈良の振興に貢献しています。

47_01

取組推進のポイント

寿司学校」においては、和帽子、エプロン、手袋を身につけての本格的な寿司職人体験ができ、体験教室を終えた方には修了証書を授与して、帰国後も日本の寿司、食文化を思い出していただくようにしています。
ハラール弁当の製造に当たって、食材はハラール認証を受けている業者から購入し、調味料もアルコールや添加物を含まないものを使用するとともに、調理器具や食材の保管棚、搬入口なども別にしています。

47_02

課題

オリンピック・パラリンピックが開催される2020年までは、訪日外国人が増加する見込みであることから、事業は順調に推移すると考えていますが、その後の動向も今から見極め、事業展開することが必要です。 

将来展望

梅守では、海外での営業活動を通じて、楽しみながらお寿司について学べるこの「寿司学校」を世界各地からの外国人観光客に周知・PRしていきます。
既に奈良本店、京都、大阪心斎橋に出店し、東京浅草校も2019年3月にオープンしました。日本の伝統的食文化である「寿司」を国内外に発信することにより、一層の外国人の訪日に繋げることとしています。

お問合せ先

企画調整室
    ダイヤルイン:075-414-9036
    FAX:075-414-9060

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader