このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

少量多品目の商品開発と繊細な加工方法で世界へ販売
株式会社ふみこ農園(和歌山県有田川町)

【印刷用】(PDF : 112KB)

取組概要

株式会社ふみこ農園は、みかんの大産地として知られている和歌山県有田川町で梅を中心に生産しています。
自社農園で生産したものと、契約している生産者から仕入れたみかんや梅、柿、桃などを生食用として販売しながら、加工にも取り組んでおり、製品は店頭での直販をはじめ、ネット販売、百貨店やスーパーなどを中心に販売しています。
また、ドライフルーツやジャム、ジュースを中心に東南アジアへ輸出しています。

 

取組推進のポイント

大きな工場ではできないような手作業による皮むきや瓶詰めなど、繊細な加工方法にこだわっており、梅干、梅入り麺類、あんぽ柿、ドライフルーツ、コンポート類、ジュース、ドレッシング、ジャム、梅肉エキスなど、「少量多品目」をコンセプトに、百貨店やスーパーに積極的に営業活動をしています。
取引先の百貨店の紹介で海外に輸出するようになり、和歌山県が主催する海外での商談会にも参加しています。現在、マレーシア、シンガポール、台湾、香港に輸出しており、その他に数カ国と商談を進めています。
また、外国人観光客への対応のため、平成26年9月には、免税店の資格を取得しました。

課題

ブルネイや韓国など海外からの視察も受け入れていますが、当農園には外国人観光客はあまり来ていただいていない状況です。
情報発信や言葉の問題など外国人観光客に対応できる戦略が必要と考えています。

将来展望

加工場の増築も行い、委託生産しているものを少しずつ自社で加工することができるようになりました。
大学などとコラボをした商品開発にも取り組んでおり、和歌山県にたくさん来られる外国人観光客向けや輸出に結びつく商品の開発を考えています。

お問合せ先

企画調整室
ダイヤルイン:075-414-9036
 FAX:075-414-9060

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader