このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

「ぐるなび外国語版」によりお店の最新情報を発信
株式会社ぐるなび

【印刷用】(PDF : 78KB)

取組概要

(株)ぐるなびは、インターネットで行きたいお店がすぐに見つかる日本最大級の飲食店情報検索サイト「ぐるなび」を運営しています。このサイトは携帯電話、スマートフォンなどのさまざまなデバイスに対応しており、国内の多くのユーザーから支持されて、圧倒的なページビューを誇っています。
外国人ユーザーへの対応として、平成16年から検索サイト「ぐるなび外国語版」の運営も開始しましたが、外国人への独自調査により、「食材情報」や「料理についての説明」についての要望が高いという結果が得られたことから、27年1月に同サイトの大幅リニューアルを行いました。

取組推進のポイント

飲食店においては、外国人旅行者の日本の食事についての情報不足から、全く業種の違う料理や取り扱いのない食材の注文を受けるケースがあります。
27年1月の大幅リニューアルにより、加盟飲食店が自店の管理画面においてメニューや食材情報を日本語で登録・編集すると4言語(英語・繁体字・簡体字・韓国語)に自動的に変換する機能が搭載され、日本語が読めない外国人ユーザーに対してもお店の最新情報を発信することが可能となりました。食材情報や調理方法情報を頼りにしてどのようなメニューか判断できるようになったことで、宗教上やベジタリアン等の理由から食材の制限のあるユーザーがお店を選ぶ際に特に便利なサイトになっています。
また、オンラインで手軽に飲食店の予約ができるようなコンテンツや多言語に対応できる専門のコンシェルジュスタッフによるサポートサービス等を準備し、外国人向けの多彩な特集ページの新設も行いました。

課題

(株)ぐるなびでは、外国人旅行者にとって、「ぐるなび外国語版」を使用すれば飲食店に行くまでの手続きはスムーズに行えるようになったと考えています。しかし、飲食店内において外国語対応が可能なところはまだまだ少なく、全体の70%のケース((株)ぐるなび調べ)で身振り、手振りだけで外国人旅行者に対応しています。また、外国語のメニューが用意されている店も多くはありません。

将来展望

近年増加している外国人旅行者に対応するためには、飲食店においても、外国語のメニュー表や外国語会話の助けとなるものを準備することが必要と考えられます。

お問合せ先

企画調整室
ダイヤルイン:075-414-9036
 FAX:075-414-9060

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader