このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

ICTを活用して外国人とのコミュニケーションを円滑に
西日本電信電話株式会社関西事業本部

【印刷用】(PDF : 87KB)

取組概要

訪日外国人旅行者を農山漁村に取り込み、地域活性化を図るには、コミュニケーションを円滑に行うことが重要だと考えられます。西日本電信電話(株)(NTT西日本)では、様々な分野でICT(情報・通信技術に関する技術)を活用した事業を展開していますが、観光分野において特に3つの取組を行っています。
観光庁が平成27年7月31日に発表した「訪日外国人消費動向調査(平成27年4月~6月期)」によると、「日本滞在中に得た旅行情報源で役に立ったもの」として「スマートフォンによるインターネット」を最多の回答(55%)としており、「日本滞在中にあると便利な情報」として「無料Wi-Fi」を最多の回答(53%)としていることから、NTT西日本では、外国人旅行者を誘致するには、公衆(無料)Wi-Fiの整備が最重要課題と位置づけています。
また、QRコードを読み取ると、日本語で書かれた情報を多言語に翻訳したサイトへアクセスできるサービス(QR翻訳サービス)を提供しています。
さらに、外国人旅行者が飲食店に来店したり、電話予約をしたりする際に、日本人のスタッフと円滑にコミュニケーションが図れるように、NTTグループの多言語通訳センターのオペレータが代わりに対応するサービス(多言語通訳サービス)も行っています。

取組推進のポイント

NTT西日本では、外国人旅行者誘致の最重要課題としている公衆(無料)Wi-Fiの整備について、地方自治体等と連携し、観光地や市街地でのWi-Fi環境整備を行っています。また、外国人旅行者が携帯しているタブレット端末やスマートフォンに、現地観光情報やお店等に関する付加価値情報の提供も行っています。

将来展望

NTT西日本では、様々な分野でICTを活用し、訪日外国人が日本のことを身近に感じられるような取組を推進しており、外国人とのコミュニケーションを円滑に行うことで、訪日外国人を農山漁村に取り込み、地域活性化や国産農産物の販路拡大につなげることを目指しています。

お問合せ先

企画調整室
ダイヤルイン:075-414-9036
FAX:075-414-9060

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader