このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

クロピラリドによる園芸作物等の生育障害に関する情報

クロピラリドによる生育障害

クロピラリドは、海外で牧草やとうもろこしなどの穀類に使われている除草剤の成分です。
クロピラリドが含まれるエサを家畜に与えると、クロピラリドは家畜のふん尿中に排出されます。
そのふん尿を原料として作った堆肥を土づくりのために使うと、トマト(ナス科)、スイートピー(マメ科)、キク科(キク科)などクロピラリドに敏感な野菜や花の生育に影響がでる可能性がありますので注意が必要です。

クロピラリドによる生育障害発生フロー図

農林水産省は、飼料及び堆肥中に含まれるクロピラリド濃度の実態調査、これまでより低い濃度が測定可能な新たな分析法の開発、作物の生育障害と土壌中のクロピラリド濃度との関係を解明する試験研究などを行っています。
これらの結果などから、畜産農家、堆肥製造・販売業者、培土製造・販売業者、園芸農家・育苗業者など関係者に対して、クロピラリドを含む可能性がある堆肥の提供や使用にあたっての注意事項について、都道府県や関係団体などを通じて指導しています。
また、飼料関係業者に対して、輸入飼料中のクロピラリドの使用状況の把握・残留低減に努めるよう働きかけています。

リーフレット

   

 

クロピラリドによる生育障害の発生のしやすさは作物ごとに異なります

畜産農家の皆様へ

堆肥製造・販売業者の皆様へ

培土製造・販売業者の皆様へ

園芸農家・育苗業者の皆様へ
(A3用紙に2分割で両面印刷し、半分に折ってご使用ください。)

通知

調査・研究等情報

調査・研究等情報被害対策マニュアル(国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構へリンク)

クロピラリドによる生育障害に関するQ&A

クロピラリドによる生育障害に関するQ&A(平成30年7月24日) 

問い合わせ先

項目 問い合わせ先
牛ふん堆肥について 堆肥 消費・安全部安全管理課 075-414-9035
畜産農家 生産部畜産課 075-414-9022
培土について 生産部生産技術環境課 075-414-9722
野菜・花きについて 生産部園芸特産課 075-414-9023
輸入粗飼料について 安全性の確保 消費・安全部安全管理課 075-414-9000
流通等 生産部畜産課 075-414-9022
全体概要について 生産部生産技術環境課 075-414-9722

 

 

お問合せ先

生産部生産技術環境課

代表:075-451-9161
ダイヤルイン:075-414-9722
FAX番号:075-451-5337

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader