このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

米政策等関連情報

米政策改革

  平成25年12月に農林水産業・地域の活力創造本部で決定された 「農林水産業・地域の活力創造プラン」に基づき、30年産を目途に、行政による生産数量目標の配分に頼らずとも、国が策定する需給見通し等を踏まえつつ生産者や集荷業者・団体が中心となって円滑に需要に応じた生産が行える状況になるよう、行政・生産者団体・現場が一体となって取り組むこととされています。

米の生産数量目標

飼料用米、麦、大豆等の作付動向及び作付状況等

米の輸出

  我が国のコメの消費量が毎年約8万トン減少していく中で、食料自給率・食料自給力の向上や米農家の所得向上を図っていくためには、海外市場に積極的に進出し、輸出を拡大していくことが喫緊の課題となっています。
                  ※本プロジェクトへの参加状況等の最新情報については、「米の輸出について」[農林水産省へのリンク]を御覧ください。


                農林水産省は、お米の輸出の可能性や現在の輸出促進の取組について広く知っていただくための動画
            「お米の新しい市場を開拓!『日本のお米の輸出』について」を公開しました。


米穀の販売動向等


お問合せ先

生産部生産振興課

代表:0775-451-9161
ダイヤルイン:075-414-9020
FAX番号:075-414-9030

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader